オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LinkedHorizon「自由への進撃」で21世紀アニメソングの記録を更新したRevoさん、おめでとうございました。

そしてSoundHorizon3年ぶりの新作「ハロウィンと夜の物語」発売おめでとうございます!!

オリコンチャートで二日続けての3位!順調な滑り出しにハッピーであります。


自由への進撃が正面からぶったたかれたような衝撃なら、私としては今回はじわじわ来るような感覚でした。
イギリスからアメリカへ舞台が移動するので、曲もケルト風からカントリー風がメイン。
1曲目の「星が綺麗な夜」、木下さんThe Halloween Nightさんこと「名もなき男」の不運な一生。
Revoさんは喜怒哀楽のうち哀を表現するのが本当に上手い。
「こんな悲惨な夜なのに~」の部分や「人生なんてロクなもんじゃねぇ」の表現の仕方がすごく好きです。
Marchenみたくすかした感じも大好きですが、今回みたいなやさぐれてる感じもすごくいいなー。
2曲目の「朝までハロウィン」は、発表された当時から「み○なのうた」か「ディ○ニーパレード」かと言われまくってましたが
そこはかとなく不穏な空気を勝手に感じつつも、とにかく盛り上げるための曲!って雰囲気ですね。
これはライブ中飛ばされるパターンだ。歌わされるパターンだ。
皆さん張り切って覚えましょう(笑)
3曲目「おやすみレニー」、劇団四季出身の木村花代さんのメインボーカル。バラードとジャズ・ポップスが上手い具合に混ざり合った曲で、ぶつ切りの終わり方や歌詞の端々にやはり不穏さや不可解さは残りますが、
ある暖かな一家の物語で間違いはないでしょう。
「名もなき男」の妹一家の話であろうこと、息子の初めての友達で母と二人で暮らす同じ姓の少年がもしかしたら「名もなき男」の息子かも知れないこと、「朝までハロウィン」に参加した病弱な息子がなくなったことなど、2曲の集大成的な部分もあり、穏やかな曲の中になかなかの考察の余地がありそうです。

ある一家のハロウィンの物語は、ハロウィンの夜になくなった二人の「Livemore」の物語、で間違いはなさそうです。

4曲目のボーナストラック・インストゥルメンタルも素敵です。
何度か書いたこともありますが私はRevoの木管が大好きなので、この上なく嬉しいボーナスです。
ハロウィンの夜が明けて朝になるような、そんな爽やかな優しさのある曲です。

今回は何よりもパッケージが凝ってましたね。まさかの朝と夜のチェンジングカード仕様!
それに歌詞カードの蛍光塗料で夜になると光るのが素晴らしかったです。


あと余談ですが…
似非の中でもハロウィンナイトさんの一般ピープル感はんぱない!!!
不幸な主人公には事欠かないSHだけど、不運のレベルがまず一般人。不運って言うかもはや悲惨。
エレフなんかも不運な人生だけど、あっちは壮大さがあいまってヒロイックって雰囲気ですよね。
悲劇のヒーロー。

イヴェール=生まれてくる前に死んだ赤子、もしくはミシェルに囚われた青年。フランス人。設定自体に壮大さはないけれどもSHの物語の根幹に係わりそうな人物
シャイタン=悪魔と呼ばれた、イベリア半島に流れ着いた元土着神的な、1000年以上の時を孤独に過ごした男。人外。
タナトス=冥府の王、古代ギリシャの死の化身、死そのもの。神様。
エレフセウス=古代ギリシャの雷神の眷属にしてタナトスの器。奴隷達の英雄アメティストス将軍。
メルヒェン=幼い頃に井戸に落ちてイドに取り込まれた屍揮者。没落したとは言えどドイツ貴族。
ハロウィン=つくづく運がなく、最後は恋人を篭絡しようとしたごろつきに殺された近世アメリカの負傷兵。

いやぁライブでの似非かが楽しみですね!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2013/10/10 22:37】 | SH感想
トラックバック(0) |
どうもこんにちは。2013年も半分を過ぎ、Revo誕も終わり、
宮内庁トップでは王様君が謎の植物を育てはじめ
Revoはぽろりぽろりとサンホラの活動をにおわせて来たりしていますが

…暑いっすね。SH&LHの活動も熱いですが、それよりも超マジぱない感じで暑いです。

前置きはここまでで。
自由への進撃、7/9付けチャート
オリコン2位!タワレコ独自集計1位!紅蓮の弓矢ダウンロード販売1位!
おめでとうございます!!!


自由への進撃、買いました。そして行きました。
いつもはCDの感想を最初に書く余裕もあるのですが、
今回は、昼にCDを買う→なんとかスマホのマイクロSDに入れる→聞く→即ライブだったので
まとめての雑感とさせていただきます。


まずCDそのものの感想で
順序が変わりますが、3曲目のこの壁の中が一軒の家だとしたらは、外にあこがれる少年エレンが自然と浮かび、
そして最後の「手をかけるだろうか?」で静かに締り、時計の音が響き、そして紅蓮の弓矢の冒頭につながる部分が
進撃の巨人1話の平和が崩れ去る部分に重なる気がして、なんだか涙が出そうになりました。
紅蓮の弓矢の方は、TVサイズ配信済み&6/19の渋谷街頭テレビで一度拝見したので
ちゃんとCDで聞くとやっぱすげーなぁとか、歌詞カード相変わらずだなぁとか
そういった普通の感想だったのですが
自由の翼を初聞きして、真正面からぶんなぐられたような気がしました。
宵闇を初めて聞いた時もこんな衝撃だったかなぁ…。
「両手には~」のメインメロディもかっこいいし、あっちゃんのベースの見せ場もかっこいい
金管木管もいい味出している
しかし何より、何より、後半の一段トーンの下がった「隠された真実は~」の前振りから、「両手には」で一番盛り上がる部分。あそこが本当に大好きで。
雰囲気としては軍歌が一番近いかな?勇ましさを真正面から描いた作品は、Revoの中では少々珍しい気がするかも。
私はRevoの声はもともと好きなのですが、自由の翼はRevoの声だからこそだなと本当に思います。
アレを、ただうまいだけの人がスタイリッシュに歌ったら何かが違うと思う。
あの、ちょっと暗い、泥臭さというか垢ぬけなさがある声で、必死に歌い上げるさまが、なんとも進撃の巨人という作品にあっている気がしました。


コンサートの方も熱かったですね!
小さい規模のスタンディングは久しぶりだったんですが、距離が近くて気持ちいいですねー
1日目はサンホラのFC限定だったのですが
なんていうか、王様、超ホームモードでしたねw
発売日なのに前振りもなしに客に振るw(獲物を屠る「イェーガー!」とか)
あと「冥府の弓矢」で殺メッ!のポーズしたり
最後のあたり「みなさ……もういいや、諸君!」とか言っちゃったり。
その分、一般販売の二日目はゲストのCinema Staffさんもいたからアウェイモードw
いやぁ二日間見比べてみると、やっぱりなんだかんだで王様モードのRevo好きだなぁと思いましたね。
クリエイターのRevoさんが好きなのももちろんなのですが。
王様モードのRevo陛下だと、やっぱり、自分はサンホラーだなと実感できます。
あとやっぱり歌う姿弾く姿がほんと様になりましたよね。Marchenとか領復辺りからかな。
まじめに、超かっこいいと思ってます。はい。
バン面の皆様もかっこよかったし。距離が近くて音に迫力もあったし。
後半のFCデーも参加するので、それまで楽しみです。



次回にはサンホラに関する記事がようやくかけるかなー
王様君なぞの行動してますし。メッシュがないから王様君ですねよね?
8thだし、8/8に発表だったりするのかしら。
楽しみです♪

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2013/07/11 11:15】 | SH感想
トラックバック(0) |
生きてます。2013年も無事に行きてます。
私はもう諦めてツイッターを貼るべきだ。

さて。何時の間にやらLinkedHorizonのコンサートも終わり
DVDも出て
進撃の巨人OPの紅蓮の弓矢がお披露目されてTVサイズDLが始まってたりもするのですが。


まずは順番に。

Revoの管楽器が好きだーーー!!

という急な叫びですが。
Revoといえばギター、そして弦楽器という印象が強いと思いますが
私はRevoの管楽器がもう大好きで大好きでたまらんのです。
例えば、天使の彫像のクラリネット。クラリネットの優しい音色が好きで好きで。
例えば、死せる英雄達の戦いの、「将軍に続けー!」の後のトランペット。金管から出される力強い音は心躍ります。
が、やはり今までのSHの中では、印象的な部分はやはりストリングスが主軸で、管楽器はワンポイント的なポジションだったと思うのですよ。

で、LH第一弾がゲームBGM、王道ファンタジー、オーケストラ。ここにきての管楽器ですよ!!!
Theme of ~の冒頭のクラリネットからのフルートからのトランペットの流れとかもうテンション上がらずにいられません。
バトルシーンのトランペットの勇ましさといったらないですし、クラリネットが流れるようだったり弾むようだったりと多彩な動きを見せてくれて心躍りますし、
あと通常フィールド曲とか君は僕の希望、アルバム版希望へ向う譚詩曲の冒頭のティンホイッスルは、ふぉるクロール的な雰囲気を出しながら、また、“鳥”を思わせる側面もあって、澄んだ音がとても美しくて。

とにかく、LH活動が始まってからRevoの管楽器が全面に出てきて嬉しいという話しです。



で、

紅蓮の弓矢が好きだーーーーー!!

進撃の巨人のOPかー、と、期待の反面、進撃にそこまで興味がなかったのでそんなに積極的に追いかけてはいなかったのですが(BDFFと同じパターン…)
OPを初めて見たときに、討ち抜かれました。
かっこいい!!マジかっこいい!すいません舐めてました、さすがRevo!
曲も内容もきちんと進撃の巨人に合っていて、OPアニメのほうもスタッフの底力かぬるぬる動く超ハイスピードでもうワクワクが止まらない感じで。
なんかBDFFと同じパターンで、このまま進撃の巨人自体にずるずる引きづられそうです(苦笑)

もうとにかくかっこいい。大好き。
この話も、巨人に立ち向かっていく兵士たちがメインなので、曲も立ち向かうような金管楽器がメインにあって超おいしいです。
個人的に、Aメロ後半(今を変えるのは~の部分)からかかるピッコロ(かな?高い笛)が入る部分がすごく好きです。そんでもってBメロの後半からユーフォニウムとかホルンとかあの辺りの低音管楽器が合流するあたりからの低音ラッシュがきもちいい。


で、からの。
高いヘッドホン買ったら音がすごい、音が。

私が買ったのは、Jabraという海外メーカーのREVOという種類なのですが
(ある意味名前が決めてでしたw)
今まで聞き取れてなかった音がいろいろ聞こえてきて、もう開眼って感じです。
光と闇の童話の篭り音効果は有名ですが、ヘッドホン変えたら、ただ篭ってるのではなく、しっかり奥のほうで篭ってると感じられるようになって、その上にギターとかが乗っかってきて、最後の「第七の墓場~」のところでメルヒェンが浮上してくるところがぞわぁってきました。
それとか、効果音の聞き取れてなかったところとか、奥まったところに流れてるキーボードの旋律とか

Revoさんが前からいいヘッドホン使ってみるといいって言ってたけど、マジでした。マジ。
ちょっと時間がなくなってきたのでいいヘッドホン談義は此処までですが、
いろいろ聞きなおしてみて、新たな感想が上がってきたらいいなと思いました!

とりあえず進撃(仮)は行きます。必ず。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2013/04/11 22:38】 | SH感想
トラックバック(0) |
お久しぶりです。
地震もありましたが、私は元気です(今更ですが)
東北・北関東で被災された方にお見舞い申し上げます。
また、この度の震災でなくなられた方に、心からご冥福をお祈りいたします。



もう一つの日常ブログは通常営業していますので
コチラも、まぁ何か書きたいことが出たときにいつも通り浮上してこようかと思います。
あくまでサンホラ中心音楽ブログですから。



というわけで、日曜日にMarchenの映画を鑑賞してきました。
かなりいい出来でした!
収録日は、追加1日目かしら?
(これでDVDが追加2日目だったら陛下の商売上手!だね)
臨場感も十分、CG効果もMoiraよりこなれてきた感じで。(ちょっとエリーゼ様のCG顔が怖いけど)

ちなみに、個人的にやる気なさげに鶏ふりふりしてるメルヒェン氏が大好きです。
かわいい(笑)
けどね!しかしね!後半パートでじっと見守ってるメルヒェン氏はガチ怖ですけどね!
腹黒いよね!
屍揮したあとにじっと成行見つめてるのとか……。

でもメルヒェン氏は似非の中でもかなり好きです。



気になったところをメモメモ

各主人公が死ぬ(?)ところで、それぞれの大罪のマークが出る。
件の、雪白姫と青髭妻のマーク入れ替わりの所はあんまり確認できてないから
DVDで見てみよう。

ていうか、屍人姫なわけだから……雪白姫と井戸子ちゃんと野薔薇姫も矢張り死んでるのかしら?
生と死の境界を越えてしまったわけだしねぇ……
中三曲の疑問については、また、書く機会があったら。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2011/03/29 10:01】 | SH感想
トラックバック(0) |
感想が書き終わらないままに7th Story CD Marchen コンサートに行ってきた中の人です。

さて、初日の感想ですが……


あえて、ネタバレはしません。


まぁ、ネタバレにならない程度だと
今回は2時間半くらいです。遠方の人参考に。とか
じまんぐが相変わらず酷かったwとか
似て非なる人がちっととちってたとか
国歌の歌詞でねぇぇぇぇ!とか
あずみままんの代役の人、声質ようにてたなぁとか
腹抱えてわらけたとか
あるのですが。


あえて、ネタバレはしない。したくない。
それが一番の感想でした。
知らなかったからこそ、楽しめた。

だから、今後見に行くけれどもネタバレを求めて感想をあさっている人にはこういいたい。

まっさらな状態のほうが、今回は、絶対に楽しい。
絶対に、です。

いけないからネタバレを探してた…という人には申し訳ないですが(笑

公演も半分過ぎた頃に余力があったらネタばれの感想でも書きたいです。



それでは。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2010/12/23 00:39】 | SH感想
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。