オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて。この記事も最後となりました。

SHというグループに私がはまったのはRoman以降の話です。
それ以前……メジャーデビューするよりも前のSHは、いったいどんな存在だったのでしょうか。

SHは、いわゆる音系同人のルーツとはまったく違った、独自の手法を歩んできたといわれています。しかし、日本のJ-popのメジャーシーンとも違った歩み方も持っています。
Revo氏はまた、こう語ってもいます。『新しいものを作っていこうと思ったときに、Revoという名前が生まれたんだ(中略)音楽に物語という革命を。わるくなかったのかもしれない』(アニカンRmusic Vol2より抜粋)
 
SHが確立し得た「物語音楽」というジャンル、それは、今まであるようでなかった形です。そこに魅せられた私たちサンホラーというべき人々は、Revo氏の仕組んだ罠に陥っているといっても過言ではありません。
「物語音楽」というジャンルがこれからどう発展していくのか。SHが作り上げた道をこれからどんなグループが駆け抜けていくのか。そして、Revo氏がこれからどのような物語を紡いでいくのか……
 わかりやすさ」と「インパクト」、「考察」という武器を従えたSHが、今のメジャー音楽シーンの中でどのような奇跡を紡いでいくのか。私たちは、彼らならできるという漠然とした期待を抱きながら、これからもファンを続けていくのでしょう。





引用・参考元
アニカンRミュージック Vol2(二〇〇七年八月有限会社アニカン)
アニカンRミュージック Vol3(二〇〇七年十一月有限会社アニカン)
アニカンRミュージック Vol4(二〇〇八年二月有限会社アニカン)
アニカンRミュージック Vol5(二〇〇八年四月有限会社アニカン)
同人音楽を聴こう!(二〇〇七年十月 三才ブックス)
夕刊読売新聞(二〇〇七年九月二七日)
Thanatos・Lost・Chronicle2nd(SoundHorizon 自主制作)
Elysion 楽園幻想物語組曲(SoundHorizon ベルウッドレコード)
Roman・聖戦のイベリア(SoundHorizon キングレコード)
Poca felicita(Revo個人プロデュース マーベラス音楽出版)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/03/23 13:01】 | SH雑記
トラックバック(0) |

SHの特徴のひとつとして、リスナーが内容を考察をするというものがあります。なぜ、そのような盛り上がり方ができるのか。それは、
・物語のわかりやすさと共有制
・チラリズム精神との関連性
の二つに起因していると思います。

 わかりやすさと共有制、とはいったいどういうことかについて、歌詞を追いながらあらすじを確認していきましょう。

Ark(以下、『』内の歌詞は全てArk(Elysion 楽園幻想物語組曲に収録)より抜粋)

『「我々を楽園へ導ける箱舟は 哀れなる魂を大地から解き放つ 救いを求める貴女にArkを与えよう」』
と、救いを求めていた「妹」は『Arkと呼ばれるもの』=ナイフを与えられます。
ナイフを手にした「妹」は
『「ねぇ…何故変わってしまったの? あんなにも愛し合っていたのに」「さぁ…楽園へ還りましょう、お兄様…」』と「兄」に詰め寄ります。

『信じていた人に裏切られ』、『信仰という狂気』の楽園に逃げ込んだ「妹」
最期に「兄」の脳裏に廻ったのは『歪な愛の記憶』。「妹」に対して『脆弱な精神が堪えきれず あの日嘘を吐いた』のです。

結果として、『被験体#1096 通称『妹』(Soror)』は『同じく 被験体#1076 通称『兄』(Frater)を殺害』し、それは『<症例番号12>過剰投影型依存における袋小路の模型、即ち《虚妄型箱舟依存症候群》(Ark)』と診断されます。

その様子を見ていた「監視卿」は『天を仰ぎ深い溜息を吐』きます。
そして『ふと彼が監視鏡(Monitor)の向こうへ視線を戻すと 嗚呼…いつの間にか少女の背後には『仮面の男』が立っていた』のでありました。

これが、Arkの一連の流れです。Arkが報われなかった兄と妹の、愛の果ての物語であることは、登場人物から推測することができます。また、「さぁ、楽園へ帰りましょう(還りましょう?)、お兄様」という台詞が2度繰り返し入ります。「楽園」=Elysionのキーワード、「お兄様」=Arkが兄と妹の話である。この二点が、サビの直後に狂気的な笑い声とともに入ることによって、Arkの印象を決定付けています。

この時点で、聴く人の間に、Arkという曲の、ざっくりとしたベースが共有されます。
しかし、ベースを共有していても、その細部は受け取り手によって大きく変わります。
・Arkの兄妹はどのような施設にいたのか
・なぜ、兄は妹を裏切ったのか
・監視卿とはどんな人物なのか
・なぜ監視卿には左手の薬指がないのか
今挙げた、歌詞から読み取れない不明な点はほんの一部です。歌詞からわからない部分……想像によって補われる部分があることによって、そこに、聞き手それぞれのArk像が生まれます。しかし、あらすじそのものは共有しているので、他人の想像・考察は自分にとって理解しやすく「それもありだな」と思えるものになるのです。そして、Revo氏自身も「公式の設定はなく、それぞれの思い描いたものがその人の答えである」というスタンスを貫いているので、こちらも安心して自分の想像を膨らますことができるのです。

チラリズムという言葉があります。
これは、「全部見せられるよりも少し見せられたほうが、残りの想像が膨らむ」といった期待感などをあらわします。全容がわからないからこそ燃える。そういった要素も、SHは含んでいると思います。

 内容を考察し、互いに議論しあうことによって、そこにある一種の連帯感が生まれます。そのような、聞く楽しさだけではない、考える楽しさ語る楽しさがあるということが、今日のSHの形をつくり、物語としての魅力を増しているものだと、私は考えます。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/03/23 12:58】 | SH雑記
トラックバック(0) |
さっそく買ってまいりました♪
天使の彫像後編!!

これで連載された作品は 朝と夜+焔、葡萄酒、星屑、腕、風車、彫像の7つ
残る曲は 宝石、うつくしきもの、賢者、伝言となりましたね!

感想は↓に。

ひたすらにオーギュストな回でした。
……ポニテのおっさんv

冗談はさておき。
後悔と苦しみの連鎖に囚われまくっているオーギュストが彫像の製作に着手するまでの過程は、
それこそ"最後の悪あがき"というにふさわしく、その悪あがきの果てに彫像が完成したシーンは
桂先生の"渾身"ともいえるシーンになったと思います。
花がヒトツずつ増えていく背景や、サンとシエルの幸せなひと時が描かれて、そこにほっと一息ついたり。

天使の彫像、素晴らしかったです。


で。ここからはちょと話はそれて。
はい。彫像5ページ目に注目。

……そこのドナドナされてる少年。

nikki11.jpg


ちょー…………!!!!!!(言葉にならない叫び)

はい、ここでネクストコナンズヒーント(違

残る曲は 宝石、うつくしきもの、賢者、伝言。
イヴェールさんが出てくるのは?

……次回は宝石超期待……!!!


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/03/19 15:24】 | SH情報
トラックバック(0) |
2時半ごろに布団に入って、3時45分くらいに起きました♪
陛下のゲスト出演終わってまたそっこー寝たけど(笑
無事録音も成功。


内容的には、
サンホラとは?何で楽団?っていう説明と、おたより紹介、そしてライブに関する話、写真集やライブの宣伝でした。

ライブに関しては、
「梶浦ファンと、お互いのファンがいるから、いつものサンホラライブよりも薄味」「初心者向け」
「合唱曲は……どうしようか。会場でヒトツになれるようなことやりたいんだけど。普段のライブだと、みんなで歌う場合があるから歌詞を覚えておくとベスト!なんだけどね(笑」
ってな感じでした。
まぁ、国歌とかレンコン喫茶とか、ね(笑)濃すぎるから。

それと、桃井さん、事前にサンホラについてがっつり予習してきてくださったらしく、理解度が高い!
聞いてて素直にすげー、と思いました。
印象的だった会話は
桃「私も曲とか作ったりするんですけど、作曲って、思わず曲の方ばっかり大事にしそうになったり。曲の中に台詞入れたりとか、ためらったりしないんですか?」
R「いやー、そういうのはあまりないですね」
桃「じゃぁ、総合芸術みたいな感じなんですねー。なるほどー。」
といったあたり。
音楽やる人同士の会話っていいなぁ。

かなりよいラジオでした!
詳しい実況なんかは、学習帳さんへ(^^*

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/03/16 09:43】 | SH情報
トラックバック(0) |
陛下とおそろいでもこれだけは嬉しくないおそろい。
花粉症。
……何もしなくても涙が出てくるのですよ。
今日は雨だからましだったけど。


さて。いろいろ情報も出てまいりました。
まずは、ライブの出演者情報。

SH側からはやはり予想通りKAORI&YUUKI&REMI
そしてJimang+Ike+いつもの楽団員

楽団員スキーとしては嬉しい限りです(^^*
KAORI姫は、梶浦さん側にも入ってるから、両方の扱いなのね。大変そう・・・・・・


そしてこちらの情報

Sound HorizonのRevoと、梶浦由記による夢のCOLLABO MAXIリリース決定!
宮内庁より

うっしゃーーーーー!!
ひっさしぶりの新曲だぞーーー!
コラボCDは霜月さんとのキリセカ以来。
どんな形になるか、来週の更新が見逃せないっすね。


陛下のHPも更新済み。
革命先生がまたひっそり更新されれた(笑)いつまで続くのかしら。それにしても楽しそうだ。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/03/14 23:50】 | SH情報
トラックバック(0) |
いつの間にかアニカンRミュージックVol.5の情報出てましたね。

4/1発売
<表紙&巻頭徹底大特集>
Revo(Sound Horizon)×梶浦由記(Fiction Junctionほか)
独占10,000字以上LONG INTERVIEW


キタキター!!!
もうこれは、ね。ね?!
やっべー、早く欲しい。

ついでに、3/12より配布のアニカンフリーにも、対談載ってるらしいっすね(^^*)
今日トラでもらおうと思ったら、おいてないのね。がっかり。

今日はトラで声グラかって来ました♪
……実質1/2ページのために。
でも、買ってよかった。いいインタビューだった。
なんていうかね。
コラボライブについて、懸念してる人も多そうだけど、
この人たちなら、そんな心配鼻で笑ってふっとばしてすごいもの見せてくれる。
そんな気持ちになりました。

やばい、今から楽しみがとまらない

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/03/12 20:42】 | SH情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。