オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリ東のレポです。


その1 その2 その3 その4


ちなみにドリ浜も
どうぞ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/20 18:12】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
はい。今回もこれは感想です。

まず一言。長い!!!長かった!!(笑)
平日で7時スタートなのに終了が訳11時。手加減ありません!(笑
時間がなくてもネタをやりきるSH。良くも悪くもさすがです。

ちなみに私は終電間に合うけどめんどうになったんで、空谷ふなさんと悪夜さんと遊んでもらってました(笑)
話題はジュダとかジュダとか、革命先生でした。

東京は、個人的に横浜に比べて音響よく聞こえました。
て言うか、低音とパーカスがドスドスきて気持ち良かった!!!
そう、サンホラ好きになった理由とか、けっこうその辺りもあったりして。

いやでも、本当に良かったなって感じでした。ライブそのものとして。
アンコールで砂塵の彼方へになった時は、さすがに感動しました。SHだけのライブならとかく、うわ!梶浦さんとのコラボでもいけるんだ!と
コラボの醍醐味でした。

あとの感想は、まぁ横浜と似たり寄ったりなのですが……
付け加えるとしたらこれでしょう。

SoundHorizonも梶浦曲も生最高ーーーーーー!!!
以上!

【2008/05/20 18:09】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
SHのターンは続きます。MC書くことたくさん!
そして砂塵の彼方まで……


ここでメンバー紹介。相変わらずの、どこから行こうかなーな感じ
が……あまり覚えてないというか、結構巻いた感じでした。前回MC長いと怒られたらしい(笑
曲紹介が半メイン?
バンドメンバーは事前に宿題が出てたらしく。
トップバッターエイちゃんは、なんとシンセ機能でドラム披露!
陛下「これじゃぁケンケン次回からいらないって?(笑」にこたえて、KenKenが同じ音をリピート
そのままの流れで次はKenKenの番。何とサザエさんに合わせて(笑
陛下「ケンケンはこういう細かい芸もいけます。大丈夫、次回もいるはず(笑」
あっちゃんは最初は普通のベースから、なんとアトム!!
亀さまは懐かしのヴィヴァルディ「春」
そしたら陛下も「なんだか懐かしいなぁ。ねぇ。楽譜は頭の中にーでうにゃうにゃで、ヴィヴァルディ先生がうにゃうにゃとか」はじめてがRoman追加だった私にもとても懐かしい♪
坂さんはバナナでジャグリング!!
そしてコンマスJake。何とピアノ!!何の曲かわからないけど、すげぇ!あれか、陛下に対抗か(笑

ここからみんなで協力する曲へ。一人踊ってるだけだけど(笑)

09.終端の王と異世界の騎士

終端大好きです。
次の曲に行く前に軽くMC。アルバムの情報を少しずつ出すと言ってしまったので、今回の情報。
「冥王、あれ、たしか4分くらいあったかな? 本当は8分です
朝夜こえたーーーーー!!
これで雷神も超えたらどうしよう(笑)しかし、8分オーバーということは、Romanの朝夜ポジションの曲なのでしょうか?

10.死せる乙女その手には水月
11.緋色の風車
12.黄昏の賢者

死せる乙女の感想は前回言ったからいいとして、
ガチで緋色の風車ぶつけてくる陛下にマジ惚れ直しました。
イントロのオルゴール音だけで客席総立ちでした。REMIとKAORIで楽パレか天秤かな~とか生ぬるいこと言ってた私の予想を軽くとび越えてった……陛下大好きです!!。
そして賢者はハイテンション。セリフのところはアドリブ仕様でした。

さて。賢者が終わって陛下、直しに行ったのか仕込みに行ったのかは知らないけど舞台袖へ。
Jimangが空バッティングで間をつなぐ(笑)

さて。次が最後の曲というわけで。みんなの心を一つにした結果!!
最初に出てきたのは「死せる乙女(以下略」。おいおいと思ったところで次が「ヤンマニ一緒だったのに」もっとおいおいおい!!

13.澪音の世界

気を取り直して普通にレイン。
そしてアンコールへ

アンコールが、どこからともなく砂塵の彼方へに変化!!
サンホラはちょい恒例だけど、梶浦ファンとできるとは思わなんだ!!
すげぇと正直思いました。

Side梶浦 緋色の風車Mix
SideSH ヤンマニ一緒だったのに

緋色の風車は、最後の彼の唇がRevoの唇に!!
実はこれは、梶浦さんが歌詞カードにサンホラ真似て《Revo》(彼)の唇と書いたものだそうで
今日は歌姫の提案でそのまま歌ってみたとか。さすがの陛下も出てくるときテレくさそうでした(笑

ヤンマニの方は、国歌替え歌で毎度梶浦さんの写真が変ってるのはスタッフの遊び心とか「SHはね、スタッフも遊び心があるんですよ(笑」とのこと。むしろみんなRevo陛下に感化されてったとか…

そして最後に
砂塵の彼方へ……

ラララの練習、今回はFictionJunctionKASAHARA&YUUKA&Revo。長っ!(笑
ピアノの向こうにいる笠原さんとYUUKAがさみしそうだったとか(笑)そこで、YUUKAをぎゅーっとする笠原さんに思わず萌

バンドもツインで、迫力すごいなぁとか、歌姫たちを惜しげもなく使ってて豪華だなとか。
砂塵の彼方、早くCDほしいです。陛下と梶浦さんのパートとか思わず泣きそうに。

そして終幕。
今回はステージが広かったので、バンドメンバーも含めて一列に。
一人一人名前を呼んでいく梶浦さんとRevoさん。
聞いてるこっちも感無量です。
またこんな機会があったらいいね、という言葉を残して、DreamPort2008は幕を閉じました。


追記を閉じる▲

【2008/05/20 17:21】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
さて。ここからSHのターン
MC長い!(笑)
舞台にひとり残った梶浦さん。
「……さみしーなー……早くだれか来ないかなー……Revoさんがね、そろそろ、やぁやぁやぁって出てくるはずなんだけど」
って言ってたら、出てきましたよ。
バナナもって。
予想外にもほどがある。
今回どんぶらーこと流れてきたのはバナナだそうで。
梶浦さんが「かぶったら王冠みたいですねー」って言ったら本気でかぶろうとする陛下。
さすがの梶浦さんもとめた!!(笑)

そして梶浦さんにバナナを渡す陛下
「食べてもいいですよー」って!!そして梶浦さん本当に食べるし!!陛下も食べるし!!!
もう、この人らは何でかわいいんでしょうね。両バンドのツートップ。

そういや陛下、シャア赤いコートにマントをつけてなくて、
「マントはー?」の声に「マント?パーマンじゃないんだぞ」  そっちかよ。

今回もリオンくん登場。
ゴブレットに入れて乾杯。客席から「ペガサスの名前はー?!」に一瞬たじろぐ梶浦さん
梶「ペガサスの名前はー……ぺが
ナイス梶浦さん。
陛下「いつかこれで歌ができますよ(笑」天駆ける翼獅子のことですか。
梶「FictionJunctionペガ?(笑」

さて。曲のためにメンバーを呼ぶことに。
そしたら陛下、メンバーにもバナナ配るし!!
ひざまづいて受け取るJakeナイス(笑)
リオンの口の中にも置く陛下。さすが!一本あまったと思ったら坂さんの分でした(笑
KAORIとか普通に食べてます。REMIが食べきれなくてもごもごしてたら、陛下が「ちっちゃいから半分しか食べられないのか」さっちゃんだからそれ(笑

ここからまじめにSoundHorizonSide

01.即ち…光をものがさぬ暗黒の超重力

最初に←↓↑を練習してからサビだけバージョン。
前奏から振りをがんばる梶浦さんが可愛かった(笑)わてわてしてて。

超重力でヘッドセットマイクがずれてしまったらしい陛下
Jimang「なおしましょうか?」
陛下「いや、大丈夫だ。うん、直せ……うわぁ!!」
Jimangが後ろから近寄り耳チュー未遂。すかさず歌姫から「Jimangさんだめですよ!」「セクハラ禁止!」の声が(笑)

そして、バナナつながりでバナナキティちゃんをもって飛ぶことを忘れていた陛下
どうしよう!な雰囲気に客席から「もう一回」コール
悩んだ末にアカペラ倍速バージョン披露の陛下はホントいい人だと思った。

02.朝と夜の物語
03.石畳の緋き悪魔
04.冥王

セルフカバーメドレーということで、陛下の朝夜ピアノ前奏からスタート
その前のMCで、「最近寒くてね、北海道には雪降っちゃったり。冬の人名残惜しいからって(笑)」
朝夜大好きです。あのバイオリンが入るとスイッチオン!!イヴェとかシャイタン、今後出てこれるかどうかわからないけれども、今やSHの代表曲だと思ってるので、できれば今後も歌ってほしいです。
冥王は、えいちゃんの重々しい雰囲気から、ツインギターギュンギュンな感じに。
もうテンションあがりっぱなし!!間奏もかっこいいんだなこれが。
陛下とREMIのツインのコーラスが素敵でした。
もう一人高音、確かに入ってました。KAORIか、もしかしたらママン?って感じの声で
今回RIKKIママン不参加なことこと考えても、可能性としてはありかなって思ってます。
相変わらず歌詞聴き取れてないけど

さて。セルフカバーの続きでたまにはインストに。
なんでこの曲を選んだかというと「僕がJakeと(この曲を)一緒にやりたいから」「Jakeと二人でやるのが好き」とのこと。
ここですかさず投げキッスするJake、男前だ!(笑)
お二方の兄弟のようなノリが好きです。

05.Baroque
06.さっきの箱庭
07.schwarzweiβ~霧の向こうにつながる世界~
08. Io mi chiamo...

インストバロック、人気ないのかなと心配されてましたが、結構人気高いと思います。
KAORIのさつきの箱庭はやっぱりかっこよさ50%増。Gillaさんのさつきはどこか夢見心地な雰囲気で、KAORIのは気丈な感じです。
キリセカも相変わらずテンションマックス。間奏は思わずヘドバン。エルザは、さびの振り付けが可愛いなー。最後にYUUKIが銃を撃つふりをするあたりが芸が細かい。


追記を閉じる▲

【2008/05/20 17:16】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
はい。っつーわけで、お約束通り、ドリ東のレポを書きに来ました。
どうでもいいのですが、さっきサッピングのようにググっていろいろとオフィシャルやら更新インフォやらフラフラしてたのですが
kalafinaのHPについたとき…・・・いつの間に仕様代わってたんでしょう。学校のPCのスピーカー初期設定がミュートでなくなっていたらしく
「お~ぶり~ヴぃお~す そばにいてーねー」がそこそこの音量で静かな部屋に……軽く羞恥プレイだった……
反応がない分余計。

さて。というわけでDreamPort2008 東京公演レポートです。



~開場~OP
この日は学校がなかったので、九州から来るライブ仲間と埼玉のライブ仲間で銀座のスイーツパラダイスに行ってきました。
待ち時間に、何とタイムリーなことに「ボンゴレビアンコはいりましたー!!」
思わず噴き出す私たち。

そのあと、いったん物販に行って(そこでイベントの知り合いに会ってびっくりしたり)、その後再びさ迷い歩いてカラオケでドリポ祭り(もちろんヤンマニ一緒だったのにまで熱唱)
(向かいの部屋にサイト仲間がいたとかリアルにびっくりすることが多発。)

その後、会場でほか友人に再開したりしながら中へ。
お花が横浜の倍くらい来てました。FJあてにしょこたんからきてたり、YUUKI嬢のブログによるとSHあてで霜月んとあずみママンからお花が届いていたようです。
もちろん、革命先生からも(笑)ひまわりとか明るい色がベースの、桃もささったかわいいお花でした。

着うたは、神戸から取ってる友人のも聞くと、神戸→横浜→東京で歌ってる人がかわってる?。
私の印象では、神戸は貝田さんとWAKANA、横浜はKAORIとYUUKI、東京がRevoさんと梶浦さんと、だれか!!(爆:この誰かがわからん……)
ま、あくまで予想です。

今回の席は、11列の……超右はじ。
ぶっちゃけたはなし、あっちゃんが見えない!!
スタンディングすると後ろのメンバーも見えない……今回はスクリーンに感謝。
ただ、スピーカーが近いので重低音がドコドコ来て気持ち良かったり(笑

ブザーが鳴って、会場が暗くなりOPへ。
OPは前回同様、梶浦さんのピアノと陛下のアコーディオンのインスト
アコーディオンって、何で港っぽい感じがするんでしょうね。



梶浦サイド

01.Oblivious
02.傷跡
03.salva nos

こちらも前回同様kalafinaからスタート
梶浦さんはコーラスがつがつなので、生で聞いたほうが好きかなとちょっと思いました。
(サンホラも生のが好きなんだけどねー)
ObliviousはWAKANAとKEIKOが交互で歌っていくあたり、salva nosは生笠原さんがね!!

ここでMC
梶浦さん「今日は燃え尽きて帰ってくださいね」と。
横浜の白亜紀デートスポットと違ってなんだか巻いてました(笑)

04.canta per me
05.vanity

前回のkey of twilightに代わってcanta per me
私は詳しくは知らないのですが、かなりの人気曲らしく、梶浦ファンの友人のテンションがマックス。
vanityは、KAORIさんの「LaLaLa」のコーラスのメロディとか入り方が印象的

歌姫紹介
WAKANA→おしゃべりでどじっこ 追加属性はいりました!!(笑)
KEIKO→紹介覚えてない……orz 衣裳がアニーみたいだなって思ってました……
貝田さん→梶浦語を世界で一番歌ってます!!今度は自ら宣言(笑)
KAORI→20歳初ライブ!!梶「今までちゃんとウーロン茶飲んでてね」K「あたりまえじゃないですか!!今度は梶浦さんたちに朝まで付き合えるように頑張ります」

06.fake wings
07.媛星
08.目覚め
09.zodiacal sign

fake wingsは聞くたびに踊りたいなと思ってしまいます(笑)好きなんですこういうの。
目覚め→zodical signの流れはもうテンションマックスですね!
zodicalの振り付け、今回は会場全体でやってて、一体感が出て嬉しかったり。

バンドメンバーの紹介……あいかーらず覚えてませんorz
ごめんなさい……
そしてYUUKAさんの登場。
YUUKAさんは15歳の時に国際フォーラムでミュージカルに出て、それを梶浦さんが見たのが出会いだとか

10.暁の車
11.nowhere
12.Silly-Go-Round

今回は梶浦さん側ものっけからテンション高めだったので、SillyのあたりでHPが半分きったきがしました……


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/20 16:45】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
病院行った帰りに本屋寄ってきてウルジャンゲーット!
天獄の絵柄が好みなので、単行本買おうか迷ってます。

で。今月もRomanの感想いっきまーす



先月は兄イヴェールサイドだったので、今月は盗賊イヴェールサイドですね。

さっくり一言で表すと、
呪われし宝石は謎でいっぱいなので、とりあえず謎のままぶっこんでみました☆
って感じっすかね。

キャラ的には、盗賊イヴェは他イヴェより年上っぽい感じ。
んでもって、毒っ気のないサンはかわいかった(笑)

つかさ。つーかさ。
P260以降に注目なのですが……
これ、今までの登場人物のアナザーさんたち?

つまりは、何が「幻想」で何が「現実」なのか
どこからが「物語」でどこからが「現実」なのか
さて、如何なものかっちゅーかんじ……?

んでもって最後のイヴェールは「もうわかんないからハイ次いってみようか!!」ってことだね(端折りすぎ)

うーん、桂先生が今後どう引っ張っていくか見もの。
とりあえず、宝石は一時保留ってとこですかね。
ノエルとミシェルが黒幕っぽい感じは相変わらずだけど。
賢者は間違いなく、物語の外側って感じ。

残るは、「美しきもの」「黄昏の賢者」「11文字の伝言」
そしてもしかしたら、この流れだと
「屋根裏Roman」と「AnotherRoman」と「TrueMessage」
……もしやRomanは3巻構成?


追記を閉じる▲

【2008/05/19 10:50】 | SH情報
トラックバック(0) |
6thStoryAlbum「Moira」

ヒント
・楽曲に「冥王」と「死せる乙女その手には水月」
・ライブ版「冥王」のVocalは陛下とREMI
・「冥王」のコメントにて「Revoが歌うわけじゃないけど」
・ギリシャ語読みが入るらしい

予想
・とりあえずギリシャ神話絡み
・陛下とよく似たハデス(ハーデス)が出てくる
・もしかしたらラフレンチェ絡み(ラフレンチェに出てくるオルフェウス・エウデュリケがまんまギリシャ神話。しかもハデス絡み)

予想まではいかないけど、ギリシャ神話で氏にまつわる女性の筆頭候補はエウデュリケらしい。
これは詳しい友人に聞いてみようかな……
ペルセポネも死に近いけど、彼女は死んでるわけじゃなくてハデスの嫁さんだ。

これくらいしかムリ
とりあえず明日はどこまで発表されるんかねぇ
楽器隊は通常メンバーっぽいかな。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/13 15:13】 | SH雑記
トラックバック(0) |
ドリポのレポを書きました。

その1 その2 その3 その4

東京公演も楽しみ。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 22:35】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
これで最後です。
最後はレポじゃなくて感想です。

個人的にはとても楽しめました。梶浦さん側もSH側も、知らなくても楽しめそうな曲が多くて
梶浦さんSideは、初心者でも飽きることなく聞かせていただけました。
SHのほうも、サンホラーの私から見たら、ノリやすい曲や、朝夜・石畳・澪音などのSHの顔的な曲で固めつつ、
個人名義のコラボだからこそできる曲も入ってて、すごく楽しめました。

が、やっぱりSHのノリはもしかしたら梶浦さん側にはつらいものがあったんじゃないかなー…と思ったのも事実です。
サンホラは、ノッてなんぼ、真面目にふざけて全力で楽しんでなんぼなライブで
もしかしたら、梶浦さんのライブは聞き込み系なのかな・・・・・と思わないでもないので。

とにもかくにも、相手の音楽を少しでも「いいな」と思えた人にとっては成功で、ちょっと違うなと思った人にはそういうことなのでしょう。

私は超楽しかったので、本当におなかいっぱいの、素敵なライブだったと思います。


まぁとりあえずは……来週のMoiraの情報が楽しみです。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 18:43】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
まだSHのターン
ここで曲紹介も交えつつメンバー紹介
うたった逆の順にYUUKIから。
YUUKIは、マンガのRomanを読んで、こうだったのか!と思って感動して泣いたと。
歌ってる時にもっと考えてくれよ、と陛下に言われて、理解がより深まったんです!と言い訳してるとこがかわいかった♪ここで陛下も「遊生丸いるか!ありがとう!!」と。
REMIは、せっかく横浜に来たのに海が見えない、私たちは籠の中の鳥とかなんとかいってたら陛下は「空が見えない」いや海だから。
KAORI、さつき~は日本人じゃない方に歌ってもらった独特に発音の曲だったけど、KAORI、バージョンもいいだろう、みたいな話。
Ikeは、すでに存在感だけで目が釘付け
Jimang、まだあまり歌ってないけどこれから大暴れする予定だから
楽団員は割といつもどおり。なぜかみんなちょこっと演奏がネタに走ってたけど(笑)

09.終端の王と異世界の騎士たち
みんなで力を合わせてやる曲ということで。ただしじまんぐはちょっと出て踊ってるだけ
大塚さんの部分をIkeが英語でやってました。かっこいいな!!
この曲は相変わらず大好きです。生で聞けてマジ感動。KAORIとYUUKIのハーモニーが絶品です。
REMIさまも絶好調。

10.死せる乙女その手には水月(インスト)
隣に座っていた友人がぼそっと「くらげ……」一気にお笑いになるからやめて。
とてもいい雰囲気の、陛下とくいの様々な楽器が入ったり引っ込んだりの曲でした。
メインの楽器にスポットが当たる演出も素敵。が、「今回はセルフカバーだから」の言葉に
これが本当にインストかどうか……ていうかすでに曲調すら変わってたりして

11.ハジマリのクロニクル
12.黄昏の賢者
13.澪音の世界
インストが終わって、そのままエイちゃんのキーボがあの前奏を!!もう総立ちでしたよ。
だってこわマリって聞いてたんだもん……相変わらず憎いことしてくれます。
そして黄昏の賢者へ。ようやくじまんぐのターン!!
セリフもドリポ仕様にしてきて、観客煽る煽る。こっちもあおられました。全力で。
陛下もがっつり頑張ってました。じつは陛下のコーラス好きです。Jakeにあっちゃんかめちゃんも交えてみんなでサヴァンダンス!
あるいみ、ここで燃焼しつくした。
……のに次でレインって鬼でしょ。殺す気か(笑)
陛下が「次で最後です」っていったら、じまんぐが「えー……」「ようやく俺のターンなのに!ってか?」
その分、今回は濃縮だから我慢してとのことでした。
間奏では陛下とエイちゃんのツインピアノ。陛下がグランド。二人ともノリノリで、見ててかっこよかったです。

そしてSHのターン終了。みんなでありがとうございました。

~アンコール
アンコール第一弾は梶浦さんSIDE。
少年は剣を…を3曲ミックスして豪華ハーモニー版。REMIの部分は主に笠原さん。
すごく梶浦さんな味付けになってました。Remixとしてすごくいい感じ。
(ただ、これはやっぱり原曲あり気だなと思うのですよ、一部の感想に対してたのですが。名アレンジだけど、アレンジはアレンジだからこそというのですが・・・まぁ所詮は独り言です。)

舞台に梶浦さんとKAORIが残ったら、なんだかギターが鳴ってる音が。
梶「……これはー……」K「あー……王さまでしょうかねぇ」
王さまでした。弾いて出てらっしゃいました。
「あんまりにすごいから、原曲忘れられないか心配で」どうやら緋色の風車弾いてた様子。
そっか、そんなコードだったんですね。(音楽技術音痴)
そして、「もうみんな、これ何やるか知ってるんだろうなぁ」「これでヤンマニ一緒だったのに実はやらない!……というkyなことはさすがにしないけど」「誰もが思いつくだろうけど、実際にやったやつはいないからやってみた」などなど。
「やるのはね、最初はさすがに怖かったけど、でもあえてやってみた!そしたら梶浦さんのハートをゲット!」といったら梶浦さんは「思いつきもしませんでしたよ…」
「思いついてもさすがにできないですよね。まぁ、キャラというものがね・・・・・僕も超重力やるとき、最初はさすがにどうかな、とか考えたけど」当時はこっちもびっくりしましたから。

というわけでヤンマーニ一緒だったのに。
サビ以外普通に歌ってたことにむしろビックリ
Aメロの1フレーズ目がKAORI,2フレーズ目がYUUKI、BメロがREMI。
ギターなんかのアレンジが陛下っぽい感じでした。
間奏は国歌梶浦バージョン(笑)もうSH遊びまくりです。

アンコールは、総合して言えば、梶浦SIDEはコーラスで遊んで、SHサイドは歌詞で遊んだって感じ。
どっちもそれらしいなっていう感じで。性格が出てた感じです。

そして最後は砂塵の彼方へ。
コーラスの練習はFictionJunctionJimang&Revoで。
本編?はとてもカッコイイ感じでした。好きだなー。コーラス、ストリングス、ギターととてもぜいたくな感じで。
CD出たら歌詞聴きこんで曲聞き込んで、分担当ててやる!と勝手に意気込んでます。

そして最後は、じまんぐ考案DreamPortのポーズでしめ!!
やっぱり最後にポーズあると、みんなで一つになったなぁといつも思います。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 12:44】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
ここからはSHのターン
バトンタッチ

一人になった梶浦さんのところへRevo陛下登場。
スイカ食いながら
ちょっと待て。陛下自重

なんでもね、某レボリューションな先生かららしいよ。川流れてきたんだって。
梶浦さんもなんだか来る前に更新チェックしてきたみたいだよ。お前ら何やってんだ。
西瓜美味しいよ?このあたりまだ食べてないから食べる?あ、布巾私も使いたいですって
だれか止めろ。
ボケだけで進行進めちゃダメだよ。じまんぐか、かおりん呼んできて。

そのあとも続き、前回はゴブレットにワインで乾杯。その時、梶浦さんが葡萄酒を出すライオンがいるって期待してたということをおっしゃってたので
「今回ね、連れてきました」
マジですか。つかマジだよ。出したよりオン。
梶浦さんいわく、意外と大きくて、かわいい顔してるとのこと。
調子に乗って注ぎすぎる陛下。冷えてるんだって!!
そして陛下、モニター使ってゴブレットの中身を見せてくれました。本当にぶどう色してたよビックリだよ。

乾杯をしてから、ようやく次の流れへ

01超重力
超重力って何ぞや?重力を超えた重力、すなわち超重力……ってことは割とどうでもいいらしい。
メンバーも出てきて、ようやく超重力の流れへ。スペシャルジャンパー梶浦
さびの部分だけの演奏でした。
もう、スタンディングするタイミングとかわからないとかいう暇なく全員立たせて飛ばせる、それがSHクオリティ。SHは真面目にふざけるがモットーだと思います。
陛下もノリノリで歌ってましたし、モニターに丁寧に飛ぶタイミングだしてくれたし。楽しかったです。

02.朝と夜の物語 (Revo+KAORI+YUUKI)
03.石畳の緋き悪魔 (オールメンバー)
04.冥王(『Moira』より)

今回はセルフカバーということで(予算的な問題でイヴェールとかシャイタンは無理だったと)、いまやSHの代表ともいうべき2曲+Moira新曲きたーーーー!!
のちのMCで、「別にRevoが歌うわけじゃないけど」って言ってたけど、これは似て非なる人への複線?なに、シャイタンの次はハデスですか?!
朝夜と石畳は普通に好きな曲目なので嬉しかったです。ただ、音響のせいなのかはわからなかったけれども、普段は聞こえるはずのイヴェパートが少し聞き取りづらく。
出だしを陛下がピアノ弾いてくれたのがイヴェール嬉しい。弾けるようになりたいです。
石畳のママンの部分はじまんぐが。歌はともかく、踊りが胡散臭い(笑)パート自体はけっこう素直に聞けました。
冥王は疾走系のメロディ。かっこよかったです。早く出して。
REMIも陛下もかっこいいよ。素直に陛下がカッコよく見えました。
そういえば、冥王に行く時に、KAORIとじまんぐがREMIを両脇から抱えて、飛ぶように運んだのですが、着地失敗。あぶないあぶない。

ここでMC……の前に熱いから上着を脱いでくる陛下。
あ、服装は、WAKANA・貝田さんは白基調に黒の模様のクラシックなワンピースで、WAKANAは紫の後ろが長いメッシュパニエがついていて、貝田さんはハイウエスト。
KEIKOはロスロリ風な赤いワンピースにミニハット、FJのKAORIは青いフィット系ワンピースで赤紫の挿し色
SH側は、歌姫とじまんぐはいつもどおり
梶浦さんはギャルソン系の背中があいた市松模様のベスト
陛下も同じく市松模様のベストで、こちらは背面は普通だけどテールコート風のひらひらが。中のシャツはわりといつもどおりひらひら。
で、上着がどうみてもシャア。赤くてマント……

MCは、セルフカバーだからインスト曲もアレンジしてみましたとのこと。
Jakeが今回いろいろふざけて、港のヨーコ弾いてくれたり(陛下は、「あんた、Jakeのなんなのよ」とすかさず合いの手)、スピッツ弾いたり

05.Baroque (Jake+陛下)
アコースティックツイン。始める前に、「なんで語り入れないかって?やりたくないからに決まってるじゃないか。じまんぐさんにしかできない!!」と素直な陛下(笑)
個人的にこっちもすき。ていうかバロックは台詞なしのほうがたぶん好き。
落ち着いて聞けました。田舎の教会っぽい感じ。

06.さっきの箱庭(リヴァイアサン・KAORI)
07.schwarzweiβ(霧の向こうにつながる世界・REMI)
08.Io mi chiamo(ガンスリンガーガール・YUUKI)

この3曲はそれぞれピンで。
KAORIのさつきの箱庭は、前半はCDどおりキーボのみだったけれども、後半はギター・バイオリンもインで力強い感じに変わってました。
エキゾチックだったCD版とまた違った、強いバラードの風味が好きです。
REMIのキリセカは、しもつきんよりキーが高かった……大好きな間奏ではJeka大暴れ!!陛下もピアノで大暴れ。すっごく楽しそうに弾いてて、みててほほえましかったです。
エルザは、絶叫がなかったのがさみしかったけどコラボで絶叫はなしか(笑
YUUKIの切ない声が迫ってきてよかった。サックスパートはバイオリンで代用
この3曲は、Revo個人名義でのコラボだからこそだよなって感じです。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 12:21】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
軽くお久しぶり……というよりは一週間ぶりです。
まぁ、原稿とか原稿とか私用とかでいろいろと。

さて。まずは、昨日スペースにお立ち寄りいただいた方々、ありがとうございました。
誤字脱字を含みつつも、評論、内容的には無事にまとまり、何とか発行できました。
こちらでも掲載していた内容に若干の修正を含んでのお送りになってます。
ブログレビューのほうにも、評論本のオチにあたる部分は、簡潔ながらにお送りしたいと思います。



はい。でここからはDreamPort2008のレポになります。
ネタばれ全開


~開場
オンリーで撤収に戸惑ったりいろいろしてたら、現地集合の待ち合わせに30分遅れるorz
友人ずよ、すまん。
そして、オンリー⇒会場へと移動する間に、友人の友人とか、知人の友人とかが集まりすごい大型の楽園パレードに……
(しかもその集団図の中心にいるのが自分という何ともいたたまれない心境)
後ろにいた友人に話しかけたら、その近くに(待ち合わせてもいない)別の友人がいるなんて思いもしねーよ。さすがSH。繋がるロマン。

~オープニング
物販ではTシャツ、リスバン、バンダナ、パンフを購入。
ほかは余裕のある15日に。
友人とわいわいしながら開演を待つ。Tシャツも来ておニューのバラも付けてスタンバイはばっちり。
そして暗転。Ikeの声でDreamPortのタイトルコール。
奥から梶浦さんとアコーディオンしょった陛下が出てきていよいよオープニングへ!
演奏曲は(おそらく)砂塵の彼方へのインスト。ピアノが梶浦さん。
陛下と梶浦さんが、ときどき目を合わて楽しそうに笑ってらっしゃったのが印象的。
こっちもわくわくしてきます。

Side梶浦
そのままの流れで梶浦さん側の曲目へ。
最初は連続で
01.Oblivious
02.傷跡
03.salva nos
歌い手さんはWAKANA、KEIKO、貝田さん、KAORI、salvaだけ笠原さんも。
最初の曲メインはWAKANAとKEIKO、3曲目は笠原さん。
(どうでもいいけど、笠原さんと貝田さんが、同じカ始まりで混ざる)
Obliviousはとても好きな曲目なので、生で聞けて感動。笠原さんも迫力満点で素敵でした。

ただ、個人的に一つ思うのが……Obliviousかsalva nosの冒頭でがっとスタンディング行きたかったんだけど、あんまりそういう雰囲気じゃなかったのが残念。
学習帳のぐっこさんもおっしゃってたけど、そういうお約束的な雰囲気はだんだん作られていくものなんだろうなぁ。

ここでいったんMC。梶浦さんの若かりし頃=白亜紀(笑)には、デートの入門編と言えば山下公園という話をし出したんですけど
笠原さんの紹介をすっかり忘れる
歌姫ーずにせっつかれて(それも、MC中にKEIKOさんが貝田さんとかおりんに、ねぇねぇ、だよね?みたいな感じになって、それで何度もジェスチャーで梶浦さんに呼びかけてるのに気づかないっていう)
笠原さんは、今日の登場の仕方はラスボス(笑)、梶浦さんのポジションは中ボスだそうで。

04.key of the twilight
05.vanity
06.fake wings
07.媛星
08.目覚め
09.zodiacal sign

どこでMC入ったか忘れたので、さくっと曲目だけ。
自分的に好きだなと思ったのは、どれもよかったけど、7曲目と8曲目が特に。
どっちも舞HIMEだったかな?いっそ舞HIMEのサントラ買おうかな。

高音がWAKANAさんと貝田さん、低音がKEIKOとKAORIって感じの別れ方でした。
KEIKOとKAORIは、会場をガンガン盛り上げてくれて感謝♪
こっちも存分にノルことができました。

MCでは、歌姫とバンドメンバーの紹介
WAKANA→美容院で「お客さん、少し静かにしてもらえますか」と言われるくらいのおしゃべりさん
髪型がのだめとか黒電話とか。
KEIKO→かわいい顔して実はハスキーボイスのかっこいい女の子
貝田さん→世界で一番梶浦語を歌ってるお方。梶浦さんのサントラを目をつぶって1枚選べば、そこには必ず貝田さんが。
KAORI→一番若くて最初に歌ってもらったときは制服でレコーディングに。追加公演の打ち上げのときにはもう20なのでお酒を飲ませてもらいます!(どっちかっていうと、リーダー二人からさぁ飲め飲めになると思うんだけど(笑))
バンドメンバーは横浜の思い出。ドラムさんとマニュピレーターさんの思い出がかわいかった♪

そして今度はYUUKAのターン!
YUUKAさんの思い出は横浜の花火。試験の打ち上げ。かわいいなぁ。かわいい顔して朝まで打ち上げ参加できる人らしいけど…!

10.暁の車
11.nowhere
12.Shilly-Go-Round

暁の車は大好きな曲なので嬉しかったです。nowhereとShillyは盛り上がりやすい曲だったので、
もう超ノリノリで行かせていただきました。
ちょっとHP切れかけたけどね、ここで……


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 11:43】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。