オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、たいへんご無沙汰しております。
どれだけご無沙汰かというと、考えてはいけない領域でご無沙汰です。

さて、今月…もう来週ですね。LinkedHorizonによるシングル「ルクセンダルク小紀行」が発売されます。
LinkedHorizon……他作品とのコラボレーションを主としたユニット。
個人的には、シェアードワールドの一形態と考えております。
※シェアードワールドとは、小説などのフィクションにおいて、複数の著者が同一の世界設定や登場人物を共有して創作する作品群。または、世界設定を共有する行為、共有された世界設定。シェアワールドとも呼ばれる。(ウィキペディアより引用)
リヴァイアサンのイメージアルバムや、ガンスリンガーガールのイメージアルバム:ポカフェリカよりももう一歩中に踏み込んだ、世界観の部分にまで言及した形でしょう。
個人的に、Revo氏のスタイルはシェアードワールドととても相性がいいと思っていたので、この企画は大変楽しみで、この「ブレイブリーデフォルト」とのコラボレーションの先にも、また何か展開して欲しいなと思う所存。

が、しかしその反面。
いつもよりもわくわく感がいまひとつ沸きにくい自分がここにいる。
Revo氏の音楽はすごく好きだし、聞けば絶対気に入るだろうし、コンサートも今から楽しみなのですが、
いつもなら、発売1ヶ月くらい前から、今か今かと待ちわびて、PVを見て、参加メンバーチェックして……とやってる自分が居ない。
ブレイブリーデフォルト自体に興味がないのか?といわれると……ぶっちゃけゲームに対する事前盛り上がりなんて普段からそうそうないし……
そこで改めて気づかされたのが、物語そのものとパッケージを含めてSoundHorizonが好きなんだ、ということです。

SoundHorizon、音楽にしか興味がないかといわれれば、そんなことはありませんでした。
ストーリーと音楽、そのマッチ具合に心が躍ります。
そして、Yokoyanが描くパッケージからは、事前発表されたそのときから何かしらの情報を含んでいるのです。
視覚情報と歌い手の情報を繋ぎ合わせて、今回はどんなストーリーが展開されるのか、心躍る。
すでにそこから、SoundHorizonの楽しみは始まっているのです。

で、今回。
パッケージはRevo氏の写真。ストーリー性に関わる事前情報、なし。
あー……そうか。期待していた躍動感がないんだなぁ……と、勝手に失望してしまったわけなのです。

ただ、ブレイブリーデフォルトのゲームを手にしたその瞬間、頭の中で一本に繋がる何かがある、そんな期待もしている自分もいます。
いつもは、事前情報があってのCD発売。今度は逆に、ゲームの前に発売されるCDが事前情報そのものなのだ。そんな期待です。
なので、ここはおとなしく発売日を待ちましょう。素直に、一年ぶりのRevo氏の新曲が楽しみです。




ところで、あのモジャロンゲはなんとかならないっすかね・・・?
衣装含めて、なんか一昔前のヒッピーのようで・・・・・・すまそ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2012/08/19 01:10】 | SH雑記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。