オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SoundHorizonが物語音楽というジャンルを確立し成功した理由として、前回までに
「CDごとの主題を一番最初にもってくることによって、内容を明確にしている」
「主題にインパクト付けする部分を冒頭に持ってくる」

という点を挙げました。

さて。主題が明示されたところで、一曲一曲=短編の中に主題を見出せなければ、長編としての機能が失われてしまいます。
曲ごとの主題は、=共通性ということもできます。
そこで、SHがどのように曲ごとの共通性を設定しているかを考察します。

今回のテーマ
【共通性の設定】

SHがよく取る手法は2つあります
・冒頭、末尾にテーマとなる台詞を入れる
・メロディのつながりを出す

まず1つ目から考察していきます。

Lostでは【○番目の記憶】
これは、Lostのテーマが「忘却と喪失」であり、トラック=記憶が進むにつれタイトルの文字数が減少しているというギミックにもつながります。
また、「永遠の少年」の「記憶とは……」から始まる台詞とも関連しています。

Chronicle2ndでは【第○巻○頁】
冒頭の「それは…歴史を辿る少女と世界の物語(黒の予言書 より歌詞引用)」と「黒の予言書……それは、存在してはならない書物(以下略 黒の予言書 より歌詞引用)」とにリンクして、
歴史をたどる=書を読み進めるという行動を、聞く側に単純理解させ、同時に主題も伝えてきます。

ElysionのABYSSパートでは【彼女こそ私のエリスなのだろうか】
エルパートが物語的なつながりを匂わす反面、一見なんの繋がりも見えないABYSSパートですが、この台詞を入れることにより、全てがエルパートに繋がる「共通」を示しています。

Romanでは【其処に物語はあるのかしら】
「僕の代わりに廻っておくれ この世界には僕が生まれてくるに至る【物語】はあるのだろうか」「さぁ、往っておいて」「ウィ、ムッシュー」(朝と夜の物語 より歌詞引用)
この歌詞から、まず、Romanという物語が、イヴェールが生まれてくるに至る物語を探す物語、という内容を読み取ることが出来ます。
そして、各曲のラストに台詞を入れることによって、双子の姫君が探している物語の一部という、共通した主題を与えます。

このように、主題に沿った台詞を入れることによって、そのCDの世界観をあらわすということに成功しています。

次回は、メロディによるつながりです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/01/19 00:11】 | SH雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。