オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからはSHのターン
バトンタッチ

一人になった梶浦さんのところへRevo陛下登場。
スイカ食いながら
ちょっと待て。陛下自重

なんでもね、某レボリューションな先生かららしいよ。川流れてきたんだって。
梶浦さんもなんだか来る前に更新チェックしてきたみたいだよ。お前ら何やってんだ。
西瓜美味しいよ?このあたりまだ食べてないから食べる?あ、布巾私も使いたいですって
だれか止めろ。
ボケだけで進行進めちゃダメだよ。じまんぐか、かおりん呼んできて。

そのあとも続き、前回はゴブレットにワインで乾杯。その時、梶浦さんが葡萄酒を出すライオンがいるって期待してたということをおっしゃってたので
「今回ね、連れてきました」
マジですか。つかマジだよ。出したよりオン。
梶浦さんいわく、意外と大きくて、かわいい顔してるとのこと。
調子に乗って注ぎすぎる陛下。冷えてるんだって!!
そして陛下、モニター使ってゴブレットの中身を見せてくれました。本当にぶどう色してたよビックリだよ。

乾杯をしてから、ようやく次の流れへ

01超重力
超重力って何ぞや?重力を超えた重力、すなわち超重力……ってことは割とどうでもいいらしい。
メンバーも出てきて、ようやく超重力の流れへ。スペシャルジャンパー梶浦
さびの部分だけの演奏でした。
もう、スタンディングするタイミングとかわからないとかいう暇なく全員立たせて飛ばせる、それがSHクオリティ。SHは真面目にふざけるがモットーだと思います。
陛下もノリノリで歌ってましたし、モニターに丁寧に飛ぶタイミングだしてくれたし。楽しかったです。

02.朝と夜の物語 (Revo+KAORI+YUUKI)
03.石畳の緋き悪魔 (オールメンバー)
04.冥王(『Moira』より)

今回はセルフカバーということで(予算的な問題でイヴェールとかシャイタンは無理だったと)、いまやSHの代表ともいうべき2曲+Moira新曲きたーーーー!!
のちのMCで、「別にRevoが歌うわけじゃないけど」って言ってたけど、これは似て非なる人への複線?なに、シャイタンの次はハデスですか?!
朝夜と石畳は普通に好きな曲目なので嬉しかったです。ただ、音響のせいなのかはわからなかったけれども、普段は聞こえるはずのイヴェパートが少し聞き取りづらく。
出だしを陛下がピアノ弾いてくれたのがイヴェール嬉しい。弾けるようになりたいです。
石畳のママンの部分はじまんぐが。歌はともかく、踊りが胡散臭い(笑)パート自体はけっこう素直に聞けました。
冥王は疾走系のメロディ。かっこよかったです。早く出して。
REMIも陛下もかっこいいよ。素直に陛下がカッコよく見えました。
そういえば、冥王に行く時に、KAORIとじまんぐがREMIを両脇から抱えて、飛ぶように運んだのですが、着地失敗。あぶないあぶない。

ここでMC……の前に熱いから上着を脱いでくる陛下。
あ、服装は、WAKANA・貝田さんは白基調に黒の模様のクラシックなワンピースで、WAKANAは紫の後ろが長いメッシュパニエがついていて、貝田さんはハイウエスト。
KEIKOはロスロリ風な赤いワンピースにミニハット、FJのKAORIは青いフィット系ワンピースで赤紫の挿し色
SH側は、歌姫とじまんぐはいつもどおり
梶浦さんはギャルソン系の背中があいた市松模様のベスト
陛下も同じく市松模様のベストで、こちらは背面は普通だけどテールコート風のひらひらが。中のシャツはわりといつもどおりひらひら。
で、上着がどうみてもシャア。赤くてマント……

MCは、セルフカバーだからインスト曲もアレンジしてみましたとのこと。
Jakeが今回いろいろふざけて、港のヨーコ弾いてくれたり(陛下は、「あんた、Jakeのなんなのよ」とすかさず合いの手)、スピッツ弾いたり

05.Baroque (Jake+陛下)
アコースティックツイン。始める前に、「なんで語り入れないかって?やりたくないからに決まってるじゃないか。じまんぐさんにしかできない!!」と素直な陛下(笑)
個人的にこっちもすき。ていうかバロックは台詞なしのほうがたぶん好き。
落ち着いて聞けました。田舎の教会っぽい感じ。

06.さっきの箱庭(リヴァイアサン・KAORI)
07.schwarzweiβ(霧の向こうにつながる世界・REMI)
08.Io mi chiamo(ガンスリンガーガール・YUUKI)

この3曲はそれぞれピンで。
KAORIのさつきの箱庭は、前半はCDどおりキーボのみだったけれども、後半はギター・バイオリンもインで力強い感じに変わってました。
エキゾチックだったCD版とまた違った、強いバラードの風味が好きです。
REMIのキリセカは、しもつきんよりキーが高かった……大好きな間奏ではJeka大暴れ!!陛下もピアノで大暴れ。すっごく楽しそうに弾いてて、みててほほえましかったです。
エルザは、絶叫がなかったのがさみしかったけどコラボで絶叫はなしか(笑
YUUKIの切ない声が迫ってきてよかった。サックスパートはバイオリンで代用
この3曲は、Revo個人名義でのコラボだからこそだよなって感じです。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
バトンタッチ

一人になった梶浦さんのところへRevo陛下登場。
スイカ食いながら
ちょっと待て。陛下自重

なんでもね、某レボリューションな先生かららしいよ。川流れてきたんだって。
梶浦さんもなんだか来る前に更新チェックしてきたみたいだよ。お前ら何やってんだ。
西瓜美味しいよ?このあたりまだ食べてないから食べる?あ、布巾私も使いたいですって
だれか止めろ。
ボケだけで進行進めちゃダメだよ。じまんぐか、かおりん呼んできて。

そのあとも続き、前回はゴブレットにワインで乾杯。その時、梶浦さんが葡萄酒を出すライオンがいるって期待してたということをおっしゃってたので
「今回ね、連れてきました」
マジですか。つかマジだよ。出したよりオン。
梶浦さんいわく、意外と大きくて、かわいい顔してるとのこと。
調子に乗って注ぎすぎる陛下。冷えてるんだって!!
そして陛下、モニター使ってゴブレットの中身を見せてくれました。本当にぶどう色してたよビックリだよ。

乾杯をしてから、ようやく次の流れへ

01超重力
超重力って何ぞや?重力を超えた重力、すなわち超重力……ってことは割とどうでもいいらしい。
メンバーも出てきて、ようやく超重力の流れへ。スペシャルジャンパー梶浦
さびの部分だけの演奏でした。
もう、スタンディングするタイミングとかわからないとかいう暇なく全員立たせて飛ばせる、それがSHクオリティ。SHは真面目にふざけるがモットーだと思います。
陛下もノリノリで歌ってましたし、モニターに丁寧に飛ぶタイミングだしてくれたし。楽しかったです。

02.朝と夜の物語 (Revo+KAORI+YUUKI)
03.石畳の緋き悪魔 (オールメンバー)
04.冥王(『Moira』より)

今回はセルフカバーということで(予算的な問題でイヴェールとかシャイタンは無理だったと)、いまやSHの代表ともいうべき2曲+Moira新曲きたーーーー!!
のちのMCで、「別にRevoが歌うわけじゃないけど」って言ってたけど、これは似て非なる人への複線?なに、シャイタンの次はハデスですか?!
朝夜と石畳は普通に好きな曲目なので嬉しかったです。ただ、音響のせいなのかはわからなかったけれども、普段は聞こえるはずのイヴェパートが少し聞き取りづらく。
出だしを陛下がピアノ弾いてくれたのがイヴェール嬉しい。弾けるようになりたいです。
石畳のママンの部分はじまんぐが。歌はともかく、踊りが胡散臭い(笑)パート自体はけっこう素直に聞けました。
冥王は疾走系のメロディ。かっこよかったです。早く出して。
REMIも陛下もかっこいいよ。素直に陛下がカッコよく見えました。
そういえば、冥王に行く時に、KAORIとじまんぐがREMIを両脇から抱えて、飛ぶように運んだのですが、着地失敗。あぶないあぶない。

ここでMC……の前に熱いから上着を脱いでくる陛下。
あ、服装は、WAKANA・貝田さんは白基調に黒の模様のクラシックなワンピースで、WAKANAは紫の後ろが長いメッシュパニエがついていて、貝田さんはハイウエスト。
KEIKOはロスロリ風な赤いワンピースにミニハット、FJのKAORIは青いフィット系ワンピースで赤紫の挿し色
SH側は、歌姫とじまんぐはいつもどおり
梶浦さんはギャルソン系の背中があいた市松模様のベスト
陛下も同じく市松模様のベストで、こちらは背面は普通だけどテールコート風のひらひらが。中のシャツはわりといつもどおりひらひら。
で、上着がどうみてもシャア。赤くてマント……

MCは、セルフカバーだからインスト曲もアレンジしてみましたとのこと。
Jakeが今回いろいろふざけて、港のヨーコ弾いてくれたり(陛下は、「あんた、Jakeのなんなのよ」とすかさず合いの手)、スピッツ弾いたり

05.Baroque (Jake+陛下)
アコースティックツイン。始める前に、「なんで語り入れないかって?やりたくないからに決まってるじゃないか。じまんぐさんにしかできない!!」と素直な陛下(笑)
個人的にこっちもすき。ていうかバロックは台詞なしのほうがたぶん好き。
落ち着いて聞けました。田舎の教会っぽい感じ。

06.さっきの箱庭(リヴァイアサン・KAORI)
07.schwarzweiβ(霧の向こうにつながる世界・REMI)
08.Io mi chiamo(ガンスリンガーガール・YUUKI)

この3曲はそれぞれピンで。
KAORIのさつきの箱庭は、前半はCDどおりキーボのみだったけれども、後半はギター・バイオリンもインで力強い感じに変わってました。
エキゾチックだったCD版とまた違った、強いバラードの風味が好きです。
REMIのキリセカは、しもつきんよりキーが高かった……大好きな間奏ではJeka大暴れ!!陛下もピアノで大暴れ。すっごく楽しそうに弾いてて、みててほほえましかったです。
エルザは、絶叫がなかったのがさみしかったけどコラボで絶叫はなしか(笑
YUUKIの切ない声が迫ってきてよかった。サックスパートはバイオリンで代用
この3曲は、Revo個人名義でのコラボだからこそだよなって感じです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 12:21】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。