オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだSHのターン
ここで曲紹介も交えつつメンバー紹介
うたった逆の順にYUUKIから。
YUUKIは、マンガのRomanを読んで、こうだったのか!と思って感動して泣いたと。
歌ってる時にもっと考えてくれよ、と陛下に言われて、理解がより深まったんです!と言い訳してるとこがかわいかった♪ここで陛下も「遊生丸いるか!ありがとう!!」と。
REMIは、せっかく横浜に来たのに海が見えない、私たちは籠の中の鳥とかなんとかいってたら陛下は「空が見えない」いや海だから。
KAORI、さつき~は日本人じゃない方に歌ってもらった独特に発音の曲だったけど、KAORI、バージョンもいいだろう、みたいな話。
Ikeは、すでに存在感だけで目が釘付け
Jimang、まだあまり歌ってないけどこれから大暴れする予定だから
楽団員は割といつもどおり。なぜかみんなちょこっと演奏がネタに走ってたけど(笑)

09.終端の王と異世界の騎士たち
みんなで力を合わせてやる曲ということで。ただしじまんぐはちょっと出て踊ってるだけ
大塚さんの部分をIkeが英語でやってました。かっこいいな!!
この曲は相変わらず大好きです。生で聞けてマジ感動。KAORIとYUUKIのハーモニーが絶品です。
REMIさまも絶好調。

10.死せる乙女その手には水月(インスト)
隣に座っていた友人がぼそっと「くらげ……」一気にお笑いになるからやめて。
とてもいい雰囲気の、陛下とくいの様々な楽器が入ったり引っ込んだりの曲でした。
メインの楽器にスポットが当たる演出も素敵。が、「今回はセルフカバーだから」の言葉に
これが本当にインストかどうか……ていうかすでに曲調すら変わってたりして

11.ハジマリのクロニクル
12.黄昏の賢者
13.澪音の世界
インストが終わって、そのままエイちゃんのキーボがあの前奏を!!もう総立ちでしたよ。
だってこわマリって聞いてたんだもん……相変わらず憎いことしてくれます。
そして黄昏の賢者へ。ようやくじまんぐのターン!!
セリフもドリポ仕様にしてきて、観客煽る煽る。こっちもあおられました。全力で。
陛下もがっつり頑張ってました。じつは陛下のコーラス好きです。Jakeにあっちゃんかめちゃんも交えてみんなでサヴァンダンス!
あるいみ、ここで燃焼しつくした。
……のに次でレインって鬼でしょ。殺す気か(笑)
陛下が「次で最後です」っていったら、じまんぐが「えー……」「ようやく俺のターンなのに!ってか?」
その分、今回は濃縮だから我慢してとのことでした。
間奏では陛下とエイちゃんのツインピアノ。陛下がグランド。二人ともノリノリで、見ててかっこよかったです。

そしてSHのターン終了。みんなでありがとうございました。

~アンコール
アンコール第一弾は梶浦さんSIDE。
少年は剣を…を3曲ミックスして豪華ハーモニー版。REMIの部分は主に笠原さん。
すごく梶浦さんな味付けになってました。Remixとしてすごくいい感じ。
(ただ、これはやっぱり原曲あり気だなと思うのですよ、一部の感想に対してたのですが。名アレンジだけど、アレンジはアレンジだからこそというのですが・・・まぁ所詮は独り言です。)

舞台に梶浦さんとKAORIが残ったら、なんだかギターが鳴ってる音が。
梶「……これはー……」K「あー……王さまでしょうかねぇ」
王さまでした。弾いて出てらっしゃいました。
「あんまりにすごいから、原曲忘れられないか心配で」どうやら緋色の風車弾いてた様子。
そっか、そんなコードだったんですね。(音楽技術音痴)
そして、「もうみんな、これ何やるか知ってるんだろうなぁ」「これでヤンマニ一緒だったのに実はやらない!……というkyなことはさすがにしないけど」「誰もが思いつくだろうけど、実際にやったやつはいないからやってみた」などなど。
「やるのはね、最初はさすがに怖かったけど、でもあえてやってみた!そしたら梶浦さんのハートをゲット!」といったら梶浦さんは「思いつきもしませんでしたよ…」
「思いついてもさすがにできないですよね。まぁ、キャラというものがね・・・・・僕も超重力やるとき、最初はさすがにどうかな、とか考えたけど」当時はこっちもびっくりしましたから。

というわけでヤンマーニ一緒だったのに。
サビ以外普通に歌ってたことにむしろビックリ
Aメロの1フレーズ目がKAORI,2フレーズ目がYUUKI、BメロがREMI。
ギターなんかのアレンジが陛下っぽい感じでした。
間奏は国歌梶浦バージョン(笑)もうSH遊びまくりです。

アンコールは、総合して言えば、梶浦SIDEはコーラスで遊んで、SHサイドは歌詞で遊んだって感じ。
どっちもそれらしいなっていう感じで。性格が出てた感じです。

そして最後は砂塵の彼方へ。
コーラスの練習はFictionJunctionJimang&Revoで。
本編?はとてもカッコイイ感じでした。好きだなー。コーラス、ストリングス、ギターととてもぜいたくな感じで。
CD出たら歌詞聴きこんで曲聞き込んで、分担当ててやる!と勝手に意気込んでます。

そして最後は、じまんぐ考案DreamPortのポーズでしめ!!
やっぱり最後にポーズあると、みんなで一つになったなぁといつも思います。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ここで曲紹介も交えつつメンバー紹介
うたった逆の順にYUUKIから。
YUUKIは、マンガのRomanを読んで、こうだったのか!と思って感動して泣いたと。
歌ってる時にもっと考えてくれよ、と陛下に言われて、理解がより深まったんです!と言い訳してるとこがかわいかった♪ここで陛下も「遊生丸いるか!ありがとう!!」と。
REMIは、せっかく横浜に来たのに海が見えない、私たちは籠の中の鳥とかなんとかいってたら陛下は「空が見えない」いや海だから。
KAORI、さつき~は日本人じゃない方に歌ってもらった独特に発音の曲だったけど、KAORI、バージョンもいいだろう、みたいな話。
Ikeは、すでに存在感だけで目が釘付け
Jimang、まだあまり歌ってないけどこれから大暴れする予定だから
楽団員は割といつもどおり。なぜかみんなちょこっと演奏がネタに走ってたけど(笑)

09.終端の王と異世界の騎士たち
みんなで力を合わせてやる曲ということで。ただしじまんぐはちょっと出て踊ってるだけ
大塚さんの部分をIkeが英語でやってました。かっこいいな!!
この曲は相変わらず大好きです。生で聞けてマジ感動。KAORIとYUUKIのハーモニーが絶品です。
REMIさまも絶好調。

10.死せる乙女その手には水月(インスト)
隣に座っていた友人がぼそっと「くらげ……」一気にお笑いになるからやめて。
とてもいい雰囲気の、陛下とくいの様々な楽器が入ったり引っ込んだりの曲でした。
メインの楽器にスポットが当たる演出も素敵。が、「今回はセルフカバーだから」の言葉に
これが本当にインストかどうか……ていうかすでに曲調すら変わってたりして

11.ハジマリのクロニクル
12.黄昏の賢者
13.澪音の世界
インストが終わって、そのままエイちゃんのキーボがあの前奏を!!もう総立ちでしたよ。
だってこわマリって聞いてたんだもん……相変わらず憎いことしてくれます。
そして黄昏の賢者へ。ようやくじまんぐのターン!!
セリフもドリポ仕様にしてきて、観客煽る煽る。こっちもあおられました。全力で。
陛下もがっつり頑張ってました。じつは陛下のコーラス好きです。Jakeにあっちゃんかめちゃんも交えてみんなでサヴァンダンス!
あるいみ、ここで燃焼しつくした。
……のに次でレインって鬼でしょ。殺す気か(笑)
陛下が「次で最後です」っていったら、じまんぐが「えー……」「ようやく俺のターンなのに!ってか?」
その分、今回は濃縮だから我慢してとのことでした。
間奏では陛下とエイちゃんのツインピアノ。陛下がグランド。二人ともノリノリで、見ててかっこよかったです。

そしてSHのターン終了。みんなでありがとうございました。

~アンコール
アンコール第一弾は梶浦さんSIDE。
少年は剣を…を3曲ミックスして豪華ハーモニー版。REMIの部分は主に笠原さん。
すごく梶浦さんな味付けになってました。Remixとしてすごくいい感じ。
(ただ、これはやっぱり原曲あり気だなと思うのですよ、一部の感想に対してたのですが。名アレンジだけど、アレンジはアレンジだからこそというのですが・・・まぁ所詮は独り言です。)

舞台に梶浦さんとKAORIが残ったら、なんだかギターが鳴ってる音が。
梶「……これはー……」K「あー……王さまでしょうかねぇ」
王さまでした。弾いて出てらっしゃいました。
「あんまりにすごいから、原曲忘れられないか心配で」どうやら緋色の風車弾いてた様子。
そっか、そんなコードだったんですね。(音楽技術音痴)
そして、「もうみんな、これ何やるか知ってるんだろうなぁ」「これでヤンマニ一緒だったのに実はやらない!……というkyなことはさすがにしないけど」「誰もが思いつくだろうけど、実際にやったやつはいないからやってみた」などなど。
「やるのはね、最初はさすがに怖かったけど、でもあえてやってみた!そしたら梶浦さんのハートをゲット!」といったら梶浦さんは「思いつきもしませんでしたよ…」
「思いついてもさすがにできないですよね。まぁ、キャラというものがね・・・・・僕も超重力やるとき、最初はさすがにどうかな、とか考えたけど」当時はこっちもびっくりしましたから。

というわけでヤンマーニ一緒だったのに。
サビ以外普通に歌ってたことにむしろビックリ
Aメロの1フレーズ目がKAORI,2フレーズ目がYUUKI、BメロがREMI。
ギターなんかのアレンジが陛下っぽい感じでした。
間奏は国歌梶浦バージョン(笑)もうSH遊びまくりです。

アンコールは、総合して言えば、梶浦SIDEはコーラスで遊んで、SHサイドは歌詞で遊んだって感じ。
どっちもそれらしいなっていう感じで。性格が出てた感じです。

そして最後は砂塵の彼方へ。
コーラスの練習はFictionJunctionJimang&Revoで。
本編?はとてもカッコイイ感じでした。好きだなー。コーラス、ストリングス、ギターととてもぜいたくな感じで。
CD出たら歌詞聴きこんで曲聞き込んで、分担当ててやる!と勝手に意気込んでます。

そして最後は、じまんぐ考案DreamPortのポーズでしめ!!
やっぱり最後にポーズあると、みんなで一つになったなぁといつも思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2008/05/07 12:44】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。