オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもこんにちは。はぐれサンホラーです(はぐれスライムのノリで)
リンホラの記事を書く前に、とりあえず頭の中でまとまった、Marchenにおける左右対称についての記事を投げておきます。




さて。Marchenです。Marchenといえば左右対称です。

宵闇の唄
火刑の魔女
黒き女将の宿
硝子の棺で眠る姫君
生と死を別つ境界の古井戸
薔薇の棺で眠る姫君
青き伯爵の城
磔刑の聖女
暁光の唄

見事な左右対称です。
左右で分かれるとなると、
5曲目の生と死に引っかかってそこで二極化しようと試みたりもしたのですが
ここは一息落ち着いて、単純に左右について考えてみようと思います。

対称的な各タイトルについては、古井戸をのぞきわかりやすいと思います。
宵闇と暁光…暮れていく夜と夜が明ける光、プロローグとエピローグ。
火刑と磔刑…魔女にされた人と聖女にされた人。
女将と伯爵…親しい(愛いしていた)人に裏切られた末の因果応報。
硝子と薔薇…棺に眠る姫を呼び覚ますのは王子様。

そしてもう一つ、このタイトルには対称があります。
いやむしろ、対照とすべきでしょう。
左のグループと右のグループです。
各曲は何がメインになっているかを考えてみると
・火刑…捨てられた子が捨てた母に復習する話
・女将…売られた田舎娘が、自身を拾った末見捨てた女将に復讐する話
☆硝子…美しさを妬まれ殺されかけた姫が、殺そうとした継母に復讐する話
※古井戸…父親を恋しく思う娘が、義母と異母妹に殺され復讐する話
☆薔薇…八つ当たりで眠らされた姫が、呪いをかけた復讐する話
・伯爵…浮気をして殺された妻が、愛してくれなかった夫に復讐する話
・磔刑…望まぬ縁談を断り、恋愛に殉じた

さて、ここでポイントになるのが、☆マークをつけた棺組です。
この二つの共通点は「王子」ですが、王子の扱いについてみてみましょう。

硝子でのメルヒェンの台詞は以下の通りです。
「成る程、それで君は騙されたわけだね。ならば、ある男の特殊な性癖を、君の復讐に利用してみようか。ではもうしばし、運命の相手は、夢の世界で待つものさ」

そして薔薇ではこうです。
「成る程、それで君は野薔薇に抱かれたわけだね。目覚めへと至る口付けがほしいのかい?だが残念ながら、私は君の王子様じゃない。もうしばし、運命の相手は、夢の世界で待つものさ」

つまり、硝子における王子様は「継母への復讐に利用する」相手であり、
薔薇の王子は「目覚めへと至る口付け」を与える相手なのであるのです。
そうした上で見えてくるのが、古井戸より宵闇側のグループが「母親的な女性への復讐の物語」であり、
暁光側のグループが「恋愛と復讐が織り成す物語」となるのです。

そこでやはりキーとなるのが、※の古井戸に関してです。古井戸は両方のファクターを持っていながら、一見してそれらの関連性が見えてこないという特殊性があります。
まず、母子の復讐モノという見方はすぐにわかります。井戸に落とした糸巻きに対して、「潜ってでもとってきな、じゃなきゃ晩飯は抜きさ」と脅され継子は井戸に飛び込みます
しかし、彼女からは継母に対する執念はあまり見えません。むしろ彼女の執着は、「私は今日も お父さん 頑張るよ」「どうしよう お父さん 今そっちに行きます!」等と、常に父親に向かっています
SHにおいて、父と娘の(擬似的)恋愛は、Elysionで強く取り上げられているので、これも一種の恋愛と復讐劇ととることもできます。
が、一筋縄ではいきません。古井戸の後の3曲は、恋愛面においてある種「めでたしめでたし」ということができます。野薔薇姫は王子の口づけによって目覚め、青髭の先妻は夫の悲劇を終わらせ、エリーザベトはメルと再会しました。しかし、継子の父はもう亡くなっており、古井戸に飛び込んで出会ったのは屍揮者(少なくとも、継子は父を重ねなかった)。しかも復讐相手は継母でも父でもなく、「怠慢な態度が貴女の罪よ、自業自得だわ」と怠けて自分に仕事を押し付けてきた妹を選びます。……継母が溺愛していた義母妹を選んだという、遠回しな復讐とも取れますが……。

あからさまな「シンボル」とされ、境界線ともいえる「生と死を別つ境界の古井戸」が、メルヒェンを自分の中で理解する鍵であると再認識したのでした。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2012/09/29 09:32】 | 楽曲考察
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。