オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というわけで、前記事から続きまして、代々木版Roman収録のうれしさと、そしてRomanの本公演、僕たちは繋がる物語へのエントリーです。
今更だけどいいよね、10周年だし。
(ていうか今確認したら、このブログをサンホラ専用ブログに改造してからの、最初のエントリーがRoman上映会と次いでRoman漫画の感想だった…2007年4月……思えば遠くに来たもんだ)

Roman~僕たちが繋がる物語~(以下、ロマコンだったり僕ロマだったり)は、今から7年と少し前に上演されたRomanのストーリーコンサートです。
2期が始動して初めてのコンサートで、まぁ平たく言えば作り込が甘い部分があったわけですね。MoiraやMarchenに比べればぐっとライブステージ(たとえば領拡)寄りだったと思います。

なので逆に、後の再演に伴って演出がどんどん改良されていった部分も多いのです。
(それは、オリジナルメンバーが揃いやすかったり、一曲一曲の独立性が高いので領拡等で演じやすいという特性上あってのことなのかもしれませんが)
例えば、NHKホール国王生誕祭の星屑の革紐や見えざる腕は、双子の人形が歌い上げる情景という意味で改めて完成したものだと思います。
大仰な舞台演出はどちらもありませんが、見えざる腕の人形めいた動きで腕を切り落とす様子や、星屑の革紐でオルタンスをエトワール、ヴィオレットをプルーに見立てて二人が仲睦まじく過ごす様など、双子の人形が語る舞台という演出が素晴らしかった。

そして、代々木版Romanこと、黄昏の賢者~朝と夜の物語の流れですね。
RIKKIさんがクロエとして舞台に上がること、じまんぐが扮する賢者が彼女に語りかけるしぐさ、そして黄昏の賢者からの11文字の伝言へつながり、さらに返答歌の冬の伝言に繋がる。ストーリーコンサートではありえない演出ですが、逆に当時ではRIKKIさんをクロエに直接結び付けることはおそらくできなかったでしょう。
(今となっては、歌い手=非似非というスタイルが珍しくなってきたので、リンホラだけでなくサンホラでもまたやってほしい所存でもありますが…難しいかな)
そして、アソホラにも収録される呪われし宝石からの流れ。
僕ロマ当時は、REMIのバックコーラスがKAORIとYUUKIそのままでしたが、ここでは双子の人形が。そう、まさしく「窓辺にたたずむ双子の人形」です。特に、KAORIもYUUKIも無表情かそれに近いアルカイックスマイルなのがより人形らしさに拍車をかけます。
続く焔は、RIKKIさんとJimangが墓参りに訪れる様子を表し、墓に菫と紫陽花の花束を捧げる様子を僕ロマのころよりもさらに物憂げな様子でイヴェールが眺める。
そして、そこからの朝と夜の物語!!
台詞も以前より成長したRevo、KAORI、YUUKIが実際にしゃべり、何よりこの時の公演は、よりCD版に近づいた新衣装のお披露目でもあったんですよね。
代々木の公演は、確かに、僕ロマ当時よりもよりアルバムの再現化に近かったと思います。
それが今回のアソホラに収録ですからね!(尺の問題とはいえ、前半部分カットが実に惜しいレベル)にどと見れないと思っていたものが映像化されるのは嬉しい限りです。

でも、だからといって僕ロマが残念だとか不満だとかもったいないとか、そういうわけではないんですよね。
自分が初めていった公演だから思入れがある、という部分もあるのでしょうが。
あえていうなれば、あれは、未完成の美なのだと思います。
発展途上中の熱さとか、客席との距離の近さとか。キャストの表情がよく見える部分とか。
あの紗幕に太陽の風車と月のゆりかごが投影されて、幕が一気に開く場面だとか。
今でも思うSoundHorizonらしさをすでに表しつつも、まだまだ彼らはこのまま上に上がっていくのだろうなっていうのが見える部分。
逆に、今のストーリーコンサートだと見えない部分でもあるんですよね。完成されてしまっている分。

そういうわけで、僕ロマは逆にすごく稀有な存在なのだと思うのです。




話のシメにではありませんが、今のこの完成されたストーリーコンサートの手管を用いて、ぜひともChronicle2ndを公演してほしいです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2014/05/01 11:39】 | SH雑記
トラックバック(0) |


ローランさん
初めまして、コメさせていただきます。サンホラ10周年良い報告ですね。紅蓮から一気にいろんな意味で注目されたRevoさんですけど、原点に戻りファンとしても第一期から振り返りたいものです。あの頃は良かったなんて、、でも、とにかくRevoさんは向上心が強い人ですから、どこまで行くのか先を応援するのもファンの務めかななんて出過ぎた発言でしょうか(苦笑)
前説長くなりましたが、アソホラ楽しみです。10年ファンなのに一度もライブに行ったことがないから…ホントは直に観に行くのが一番良いのでしょうね。
サンホラはMCの評判も高いのでBDに入っていてほしいと期待してみたり。
長文失礼しました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして、コメさせていただきます。サンホラ10周年良い報告ですね。紅蓮から一気にいろんな意味で注目されたRevoさんですけど、原点に戻りファンとしても第一期から振り返りたいものです。あの頃は良かったなんて、、でも、とにかくRevoさんは向上心が強い人ですから、どこまで行くのか先を応援するのもファンの務めかななんて出過ぎた発言でしょうか(苦笑)
前説長くなりましたが、アソホラ楽しみです。10年ファンなのに一度もライブに行ったことがないから…ホントは直に観に行くのが一番良いのでしょうね。
サンホラはMCの評判も高いのでBDに入っていてほしいと期待してみたり。
長文失礼しました。
2014/05/04(Sun) 11:18 | URL  | ローランさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。