オタク娘ヒガハラによる『幻想楽団 Sound Horizon』の話題がメインなブログ。 他、谷山浩子さんや漫画の話なども少々。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてます。2013年も無事に行きてます。
私はもう諦めてツイッターを貼るべきだ。

さて。何時の間にやらLinkedHorizonのコンサートも終わり
DVDも出て
進撃の巨人OPの紅蓮の弓矢がお披露目されてTVサイズDLが始まってたりもするのですが。


まずは順番に。

Revoの管楽器が好きだーーー!!

という急な叫びですが。
Revoといえばギター、そして弦楽器という印象が強いと思いますが
私はRevoの管楽器がもう大好きで大好きでたまらんのです。
例えば、天使の彫像のクラリネット。クラリネットの優しい音色が好きで好きで。
例えば、死せる英雄達の戦いの、「将軍に続けー!」の後のトランペット。金管から出される力強い音は心躍ります。
が、やはり今までのSHの中では、印象的な部分はやはりストリングスが主軸で、管楽器はワンポイント的なポジションだったと思うのですよ。

で、LH第一弾がゲームBGM、王道ファンタジー、オーケストラ。ここにきての管楽器ですよ!!!
Theme of ~の冒頭のクラリネットからのフルートからのトランペットの流れとかもうテンション上がらずにいられません。
バトルシーンのトランペットの勇ましさといったらないですし、クラリネットが流れるようだったり弾むようだったりと多彩な動きを見せてくれて心躍りますし、
あと通常フィールド曲とか君は僕の希望、アルバム版希望へ向う譚詩曲の冒頭のティンホイッスルは、ふぉるクロール的な雰囲気を出しながら、また、“鳥”を思わせる側面もあって、澄んだ音がとても美しくて。

とにかく、LH活動が始まってからRevoの管楽器が全面に出てきて嬉しいという話しです。



で、

紅蓮の弓矢が好きだーーーーー!!

進撃の巨人のOPかー、と、期待の反面、進撃にそこまで興味がなかったのでそんなに積極的に追いかけてはいなかったのですが(BDFFと同じパターン…)
OPを初めて見たときに、討ち抜かれました。
かっこいい!!マジかっこいい!すいません舐めてました、さすがRevo!
曲も内容もきちんと進撃の巨人に合っていて、OPアニメのほうもスタッフの底力かぬるぬる動く超ハイスピードでもうワクワクが止まらない感じで。
なんかBDFFと同じパターンで、このまま進撃の巨人自体にずるずる引きづられそうです(苦笑)

もうとにかくかっこいい。大好き。
この話も、巨人に立ち向かっていく兵士たちがメインなので、曲も立ち向かうような金管楽器がメインにあって超おいしいです。
個人的に、Aメロ後半(今を変えるのは~の部分)からかかるピッコロ(かな?高い笛)が入る部分がすごく好きです。そんでもってBメロの後半からユーフォニウムとかホルンとかあの辺りの低音管楽器が合流するあたりからの低音ラッシュがきもちいい。


で、からの。
高いヘッドホン買ったら音がすごい、音が。

私が買ったのは、Jabraという海外メーカーのREVOという種類なのですが
(ある意味名前が決めてでしたw)
今まで聞き取れてなかった音がいろいろ聞こえてきて、もう開眼って感じです。
光と闇の童話の篭り音効果は有名ですが、ヘッドホン変えたら、ただ篭ってるのではなく、しっかり奥のほうで篭ってると感じられるようになって、その上にギターとかが乗っかってきて、最後の「第七の墓場~」のところでメルヒェンが浮上してくるところがぞわぁってきました。
それとか、効果音の聞き取れてなかったところとか、奥まったところに流れてるキーボードの旋律とか

Revoさんが前からいいヘッドホン使ってみるといいって言ってたけど、マジでした。マジ。
ちょっと時間がなくなってきたのでいいヘッドホン談義は此処までですが、
いろいろ聞きなおしてみて、新たな感想が上がってきたらいいなと思いました!

とりあえず進撃(仮)は行きます。必ず。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2013/04/11 22:38】 | SH感想
トラックバック(0) |
どうもこんばんは。来週がもうブレイブリーデフォルトのコンサートだそうで……はやっ

前々回の記事から早3ヶ月。
私のLinkedHorizonというかルクセンダルク小紀行・大紀行の感想は、ブレイブリーデフォルトをプレイしてから大きく変わりました。
LinkedHorizonは、HorizonではなくLinkedのほうに重きを置いていたんだな……という具合に。

最初は、Horizonを冠するのであれば、もう少しCD内で内容を収めてくれればいいのになーと思ってました。
それとか、せっかくのコラボなんだからサイドストーリーとかスピンオフとかやればいいのにー…とか。
(正直、その辺りは今でも思ってたりしますが)
ちなみに大紀行を最初に聞いたときの第一印象は、「ワインだと思ったら葡萄水だった、ただしものすごく美味しい」
何でしょう、サンホラ感を期待しすぎてたんですね。で、Revoの曲はすごく好きだけど、ちょっと物足りないなーとか思ってて。

が。
ブレイブリーデフォルトを買いました。主にリングアベルが気になって。
で。
はまりました。
リングアベルと、おまけにイデアちゃんにもどっぷりはまりました。
で。
LinkedHorizonを聞きなおす → 開 眼
もう、「愛の放浪者」のイメージとか120度くらい変わりましたね。
彼の者の名は…とかすごくしっくり、超しっくりきました。
ルクセンダルク紀行を聞くだけで情景が思い浮かびます。

結論。
ルクセンダルク小紀行・大紀行はブレイブリーデフォルトありきのLinkedなのである。

リンホラのアルバムだけ聞いて、「ふーん」とか思ってる方で、ゲームが苦痛でない方、ぜひ、ぜひ!ブレイブリーデフォルトをプレイしてください。
ブレイブリーデフォルトを知ると、ルクセンダルクの世界が開けますから。
ていうか、ブレデフォのBGMが超マジパないです。
ラスボス戦にあたる「地平を喰らう蛇」とか、もう、Revoぉぉぉぉ!!となりますから。
Revo氏の、あの引き出しの多さが全開になってます。
でも、きっとまだまだ開けてない引き出しがたくさんあるんだろうなぁ……

ちなみにブレイブリーデフォルト自体もものすごく面白いです。
ツッコミどころもあるにはあるというか、つっこんだら負けって思う部分もありますが
何よりも愛すべきキャラクターたちと、素晴らしいシステム、そして熱いストーリー
楽しめることは間違いないと思います。



そして、LinkedHorizonの表題曲
Theme of LinkedHorizon について。
Revo氏がこういう表題曲を入れることは少し意外でしたが
RevoがRevoとして歌うこの曲は、ミドルテンポで少し明るく優しいメロディで
なんでしょう、彼の人の声に一番合う曲なのではないでしょうか。
いづれ続いていくLinkedHorizonの皮切りとなる
Revo氏らしさにあふれる、素晴らしい曲だと思いました。


ブレイブリーデフォルトコンサート、楽しみです!!!

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2012/11/18 19:21】 | 漫画・小説・ゲーム
トラックバック(0) |
どうもこんにちは。はぐれサンホラーです(はぐれスライムのノリで)
リンホラの記事を書く前に、とりあえず頭の中でまとまった、Marchenにおける左右対称についての記事を投げておきます。




さて。Marchenです。Marchenといえば左右対称です。

宵闇の唄
火刑の魔女
黒き女将の宿
硝子の棺で眠る姫君
生と死を別つ境界の古井戸
薔薇の棺で眠る姫君
青き伯爵の城
磔刑の聖女
暁光の唄

見事な左右対称です。
左右で分かれるとなると、
5曲目の生と死に引っかかってそこで二極化しようと試みたりもしたのですが
ここは一息落ち着いて、単純に左右について考えてみようと思います。

対称的な各タイトルについては、古井戸をのぞきわかりやすいと思います。
宵闇と暁光…暮れていく夜と夜が明ける光、プロローグとエピローグ。
火刑と磔刑…魔女にされた人と聖女にされた人。
女将と伯爵…親しい(愛いしていた)人に裏切られた末の因果応報。
硝子と薔薇…棺に眠る姫を呼び覚ますのは王子様。

そしてもう一つ、このタイトルには対称があります。
いやむしろ、対照とすべきでしょう。
左のグループと右のグループです。
各曲は何がメインになっているかを考えてみると
・火刑…捨てられた子が捨てた母に復習する話
・女将…売られた田舎娘が、自身を拾った末見捨てた女将に復讐する話
☆硝子…美しさを妬まれ殺されかけた姫が、殺そうとした継母に復讐する話
※古井戸…父親を恋しく思う娘が、義母と異母妹に殺され復讐する話
☆薔薇…八つ当たりで眠らされた姫が、呪いをかけた復讐する話
・伯爵…浮気をして殺された妻が、愛してくれなかった夫に復讐する話
・磔刑…望まぬ縁談を断り、恋愛に殉じた

さて、ここでポイントになるのが、☆マークをつけた棺組です。
この二つの共通点は「王子」ですが、王子の扱いについてみてみましょう。

硝子でのメルヒェンの台詞は以下の通りです。
「成る程、それで君は騙されたわけだね。ならば、ある男の特殊な性癖を、君の復讐に利用してみようか。ではもうしばし、運命の相手は、夢の世界で待つものさ」

そして薔薇ではこうです。
「成る程、それで君は野薔薇に抱かれたわけだね。目覚めへと至る口付けがほしいのかい?だが残念ながら、私は君の王子様じゃない。もうしばし、運命の相手は、夢の世界で待つものさ」

つまり、硝子における王子様は「継母への復讐に利用する」相手であり、
薔薇の王子は「目覚めへと至る口付け」を与える相手なのであるのです。
そうした上で見えてくるのが、古井戸より宵闇側のグループが「母親的な女性への復讐の物語」であり、
暁光側のグループが「恋愛と復讐が織り成す物語」となるのです。

そこでやはりキーとなるのが、※の古井戸に関してです。古井戸は両方のファクターを持っていながら、一見してそれらの関連性が見えてこないという特殊性があります。
まず、母子の復讐モノという見方はすぐにわかります。井戸に落とした糸巻きに対して、「潜ってでもとってきな、じゃなきゃ晩飯は抜きさ」と脅され継子は井戸に飛び込みます
しかし、彼女からは継母に対する執念はあまり見えません。むしろ彼女の執着は、「私は今日も お父さん 頑張るよ」「どうしよう お父さん 今そっちに行きます!」等と、常に父親に向かっています
SHにおいて、父と娘の(擬似的)恋愛は、Elysionで強く取り上げられているので、これも一種の恋愛と復讐劇ととることもできます。
が、一筋縄ではいきません。古井戸の後の3曲は、恋愛面においてある種「めでたしめでたし」ということができます。野薔薇姫は王子の口づけによって目覚め、青髭の先妻は夫の悲劇を終わらせ、エリーザベトはメルと再会しました。しかし、継子の父はもう亡くなっており、古井戸に飛び込んで出会ったのは屍揮者(少なくとも、継子は父を重ねなかった)。しかも復讐相手は継母でも父でもなく、「怠慢な態度が貴女の罪よ、自業自得だわ」と怠けて自分に仕事を押し付けてきた妹を選びます。……継母が溺愛していた義母妹を選んだという、遠回しな復讐とも取れますが……。

あからさまな「シンボル」とされ、境界線ともいえる「生と死を別つ境界の古井戸」が、メルヒェンを自分の中で理解する鍵であると再認識したのでした。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2012/09/29 09:32】 | 楽曲考察
トラックバック(0) |
どうも、たいへんご無沙汰しております。
どれだけご無沙汰かというと、考えてはいけない領域でご無沙汰です。

さて、今月…もう来週ですね。LinkedHorizonによるシングル「ルクセンダルク小紀行」が発売されます。
LinkedHorizon……他作品とのコラボレーションを主としたユニット。
個人的には、シェアードワールドの一形態と考えております。
※シェアードワールドとは、小説などのフィクションにおいて、複数の著者が同一の世界設定や登場人物を共有して創作する作品群。または、世界設定を共有する行為、共有された世界設定。シェアワールドとも呼ばれる。(ウィキペディアより引用)
リヴァイアサンのイメージアルバムや、ガンスリンガーガールのイメージアルバム:ポカフェリカよりももう一歩中に踏み込んだ、世界観の部分にまで言及した形でしょう。
個人的に、Revo氏のスタイルはシェアードワールドととても相性がいいと思っていたので、この企画は大変楽しみで、この「ブレイブリーデフォルト」とのコラボレーションの先にも、また何か展開して欲しいなと思う所存。

が、しかしその反面。
いつもよりもわくわく感がいまひとつ沸きにくい自分がここにいる。
Revo氏の音楽はすごく好きだし、聞けば絶対気に入るだろうし、コンサートも今から楽しみなのですが、
いつもなら、発売1ヶ月くらい前から、今か今かと待ちわびて、PVを見て、参加メンバーチェックして……とやってる自分が居ない。
ブレイブリーデフォルト自体に興味がないのか?といわれると……ぶっちゃけゲームに対する事前盛り上がりなんて普段からそうそうないし……
そこで改めて気づかされたのが、物語そのものとパッケージを含めてSoundHorizonが好きなんだ、ということです。

SoundHorizon、音楽にしか興味がないかといわれれば、そんなことはありませんでした。
ストーリーと音楽、そのマッチ具合に心が躍ります。
そして、Yokoyanが描くパッケージからは、事前発表されたそのときから何かしらの情報を含んでいるのです。
視覚情報と歌い手の情報を繋ぎ合わせて、今回はどんなストーリーが展開されるのか、心躍る。
すでにそこから、SoundHorizonの楽しみは始まっているのです。

で、今回。
パッケージはRevo氏の写真。ストーリー性に関わる事前情報、なし。
あー……そうか。期待していた躍動感がないんだなぁ……と、勝手に失望してしまったわけなのです。

ただ、ブレイブリーデフォルトのゲームを手にしたその瞬間、頭の中で一本に繋がる何かがある、そんな期待もしている自分もいます。
いつもは、事前情報があってのCD発売。今度は逆に、ゲームの前に発売されるCDが事前情報そのものなのだ。そんな期待です。
なので、ここはおとなしく発売日を待ちましょう。素直に、一年ぶりのRevo氏の新曲が楽しみです。




ところで、あのモジャロンゲはなんとかならないっすかね・・・?
衣装含めて、なんか一昔前のヒッピーのようで・・・・・・すまそ。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2012/08/19 01:10】 | SH雑記
トラックバック(0) |
こんばんは。
Marchenの左右対称のレトリックについてでも考察ぶったてようと思いましたが
全快の記事からすると、少々でも領復後半戦に触れとくべきかなぁとおもって
思い出したように書いてみるテスト。


で、前回は名古屋まで書いてるから、残るは横浜二日間のお話かな?



<横浜一日目>

第三の本命の日。もとい三回目のKAORI+YUUKIの日(笑)
それはさておき、横浜二日間はNO似非というのがすごく感慨深かったですね。
というか、元々、私は"こういうSH"が好きなので、次回以降もぜひこういう機会を作って欲しい!と思った一日でしたね。
Elysionの頃から、SHは仮装(Roman以降はMCもこなす似非と化す)文化ですし
イヴェールとかエレフとかメルヒェンとかメルヒェンとか(大事なことなので二回ry)大好きですけど
Romanの中盤や第二次領土拡大の中盤からのように、
そこにいるのは歌手だけどそれでいて情景を歌い上げるというのがすごく衝撃的だったので
たまにはね、こういうのが楽しい!っていう気分でした。
しかしそれでいて双子の人形大好きなんですけどね…KAORIとYUUKIのシンクロ率が見た目もあいまってえらい上がるので。
…それは語ると長いので別の話。というか既に横浜一日目の話じゃない(笑)

横浜1日目、セトリはアップテンポも多く押しに押す勢いでしたね。
個人的にはKAORIのレミパートカバーが多くて嬉しかったなぁ。多彩である面が見れたというか。
そして神の光を笑いに変えてしまうという…(笑)
あとはMCに持ってかれましたね。陛下のお題がフリーダム過ぎる上に
それを上回る嘉門君の存在に……!!! サクリ\(^o^)/はSH史上に残る迷演だと思う。

<横浜二日目>
こちらは、女性陣はしっとりとした方向に梶を取りつつ
じまんぐとRevoが勢い方向に梶を切った、という印象。
オープニングのしょっぱな、しかも登場時から国民を飛ばせる陛下、鬼(笑)
MC、REMIこへのお題に葡萄酒をチョイスしてくれたことに感動し、
そして、陛下へのお題に天使の彫像をチョイスしたじまんぐ、マジで神。
かつてじまんぐのラジオで、Revoの天使の彫像デモテープがいかに感情がこもっていてすばらしいかを語り
どうだうらやましいだろう!で締めたじまんぐ
この領複で、あのときの願いをかなえてくれたことにただ感謝。

ちなみに横浜は三連休だったので、そのまま泊まって二日目の翌日は横浜観光しました。
中華街美味しい。



<エア凱旋>
凱旋は、平日だったし関東民なので行きませんでしたが
心は参加!エアとか普段やらないのですが、今回はエア参加してました。
ツイッターや掲示板で続々と上がる感想やレポに感動せずにはいられませんでした。
RevoはRevoとしてすごく大好きです。一人のクリエイターとして。
また、ライブの合間合間に見せる一人の好青年として。
けれども、RevoはRevoだけど、それでいて、やっぱり、陛下なんだなって思いました。
SHKは仮想の国。けれども、その仮想の国の王様なんだなぁと。
だからこそ、楽団員が例え冗談でも王様として慕うし、ファンがローランと名乗れるんじゃないかと。



<SoundHorizonCafe>
震災があり遅れて開催したSHC
つい先日、たまたま予定が開いていたので、急遽土曜日に水麒さんと一緒にいってきました。
土曜日なので古井戸デー。内装、噂には聞いていましたがすごかったですね…!
今週から衣装展示もあるとのことで。日曜日に行くから、田舎っぺちゃんの衣装見れるかな。
細かいところでいろいろな展示があるので、宝物探しの気分で見てまわると楽しいかも。
頼んだのは宵闇の唄、光と闇の童話、チャン、ホレおばさん、古井戸。
チャンがめっちゃ美味しかったです…!ダークカカオとカシス、ブルーゼリー。ほんのりと酸味があり、程よい甘さでした。
宵闇の唄はヴァイオレットとジンジャーエールだったので安定の味でした。
光と闇の童話、ブルーキュラソーとバナナリキュールでしたが
ブルーキュラソーがあまり苦味のないタイプ+バナナリキュールが意外とあっさりした味だったのかなかなか美味。
ホレおばさんはブルキュラ+ヨーグルトリキュール+ミルクで、ブルキュラの苦味をほんのりと感じる不思議な味でした。
古井戸は…バナナシロップとピーチシロップとグレフルジュースで、大変甘かったです。まさに継子ちゃんのような感じ!って味でした。

では、意外と長くなりましたが今回はこんなところで。

FC2blog テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽

【2011/11/21 23:18】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。